%

GEAR CMに登場したオレンジ・ギアの紹介

PRIMUS / MOUNTAIN
RESEARCH

プリムスのロングセラーランタン「2245」を、マウンテンリサーチのグローブとガスカートリッジジャケットでアップグレード。都会的かつアーティスティックな雰囲気すら漂わす姿がキャンプのディナータイムに映える。

お問い合わせ先:
マウンテンリサーチ/セット
http://sett.co.jp
Abu Garcia

1975年に登場し'80年代に一度は姿を消した「AMBASSADEUR 2500C」のリバイバルモデル。ゆっくりと遠くへルアーが飛ぶこのリールは絶大な人気を誇り、幾度か再生産されてきた。特に日本のバスフィッシングとは相性抜群。

お問い合わせ先:
ピュア・フィッシング・ジャパン
http://www.purefishing.jp
SUUNTO

1998年に誕生した「VECTOR」は、フィンランドのスントの名を世界に知らしめた傑作モデル。同社初のアウトドア向けウォッチであり、高度計や気圧計、コンパスを搭載。存在感抜群な大きめのサイズも魅力と言えるだろう。

お問い合わせ先:
アメアスポーツジャパン
http://www.suunto.com
Totem MT

ボルトを設置せず、岩の割れ目、亀裂を利用して登るクラッククライミングになくてはならない存在のカムデバイス。「Totem Cam」は独自の構造により、優れた保持力とステムの柔軟性が特徴。軽さと耐久性にも優れている。

お問い合わせ先:
キャラバン
http://www.rockmaster.tokyo/totem/
Black Diamond

シンプルな構造だがロープクライミングの安全確保に必須のカラビナ。信頼性の高さで定評のあるブラックダイヤモンドの「HotWire Quickdraw」は、ナイロンバンドで連結した2枚のカラビナがクライマーの命を繋ぎ止める。

お問い合わせ先:
ロストアロー
http://www.lostarrow.co.jp
PETZL

発想の転換により150-165gという究極的な軽さを手に入れた「SIROCCO」は、今もっとも先鋭的なクライミングヘルメット。鮮やかな帽体部分の素材は発泡ポリプロピレンの一体成型で、高い耐衝撃性と快適性をもあわせ持つ。

お問い合わせ先:
アルテリア
http://www.alteria.co.jp
Black Diamond

軽量コンパクトでありながら350ルーメンの照度を誇る「STORM」は、遠距離モードでは85m先まで照射が可能。低温時のバッテリー能力低下を防ぐヒートシンクを装備し、IP67の防塵防水性能も発揮。夜間行動の頼もしい相棒だ。

お問い合わせ先:
ロストアロー
http://www.lostarrow.co.jp
OMM

防水ジャケットでありながらストレッチ性に優れ、200gを切る軽さも魅力の「Kamleika Race Smock II」。山岳マラソンレースも開催するOMMの製品だけに、その機能性の高さはトレイルランニングで特に威力を発揮する。

お問い合わせ先:
ノマディクス
http://theomm.jp
FUJITA CANOE

60年以上の歴史を持つ日本が誇るカヌー専門工房の傑作モデル「アルピナ2-460」。安定し、直進性が高く、そして曲がりやすいというまさに理想の一艇。100Lほどの専用バックパックに収納でき、保管や移動にも困らない。

お問い合わせ先:
フジタカヌー
http://www.fujitacanoe.com
ROCKY MOUNTAIN
BICYCLES

十分なストローク量のフルサスペンションとワイドな27.5プラスタイヤにより、どんな悪路でも抜群のトラクションを発揮する「PIPELINE 750 MSL」。岩や木の根などが露出するトレイルでは最強の一台と言えるだろう。

お問い合わせ先:
エイアンドエフ
http://afbikes.com
LOADED

グラスファイバーとバンブーのハイブリッド構造で作られた「ICARUS」は絶妙なしなりと反発性を持ち、かつコルク製のボトムがバイブレーションを吸収。メローに、時にはアグレッシブにダウンヒルを楽しむのに最適だ。

お問い合わせ先:
ローデッドボードジャパン
https://loadedboards.stores.jp
ARC'TERYX

高い防水性と透湿性を兼ね備え、軽量でコンパクトに収納可能なゴアテックス®パックライト®を採用した「ALPHA SL JACKET」。立体裁断の先駆者であるアークテリクスだけに、卓越した着心地や動きやすさを実現。

お問い合わせ先:
アメアスポーツジャパン
http://arcteryx.com
MAD ROCK

上級者向けと思われがちなダウントゥタイプでありながら、意外なほど足入れが良く履きやすいクライミングシューズ「Shark 2.0」。マッドロック独自のアーチフレックスが土踏まず部分を包み込み、フィット感も最高。

お問い合わせ先:
サンダンスアウトドアーズ
http://sundanceoutdoors.jp/

※一部、現在取扱いのない商品もございます。
商品の詳細につきましては各お問い合わせ先までご連絡ください。

監修 TAKATOSHI AKUTAGAWA アクタガワ タカトシ

■アウトドア・アドバイザー : アクタガワ タカトシ
1972年 東京都生まれ。
アウトドア&ファッション クリエイティブディレクター。
1995年 成城大学文芸学部マスコミ学科卒業後、フリーランスのスタイリスト兼エディターとして雑誌・広告を中心に活動を開始。
またデザイナー、クリエイティブ・ディレクターとして様々なアウトドア・ファッションブランドの商品企画やマーケティングにも携わる。
三栄書房「GO OUT」にて連載「Lookin‘ Back On Trail」を執筆中。雑誌・TV出演も多数。