法定12ヶ月点検

『法定1年(12か月)点検』は、安全の確保・公害防止のために法令で定められた定期点検整備のひとつです。
クルマは数多くの部品から構成されていること、使用状況がさまざまなことから、定期点検整備を確実に実施しておくことが、
おクルマを常に良いコンディションに保つことはもちろん、思わぬトラブルの防止にも役立ちます。

点検内容

※ガソリン車、ディーゼル車の場合
●=法令で定められた点検項目
◆=法令で定められた点検項目ですが、登録した日、または前回点検整備を行った日からの走行距離が年間5,000km以下の場合、点検整備を省略できることがあります
○=メーカー指定点検項目

エンジン

点検箇所 点検項目
本体 ● エンジン・オイルのもれ
排気ガス ● 排気ガスの状態
エア・クリーナ・エレメント ◆ 汚れ、詰まり
冷却装置 ● ファンベルトのゆるみ、損傷(※オルタ・ネータ・ベルト含む)
● 冷却水の漏れ

エキゾーストパイプ、マフラ

点検箇所 点検項目
エキゾースト・パイプ、マフラ ● 取付部のゆるみ、損傷

動力伝達装置

点検箇所 点検項目
クラッチペダル ● 遊び、切れたときの床板とのすき間(※オートマチック車は点検不要)
トランスミッション、トランスファ ● オイルの漏れ、量
プロペラ・シャフト、ドライブ・
シャフト
◆ 連結部のゆるみ(ドライブ・シャフトの継手部一体型は点検不要)

ステアリング装置

点検箇所 点検項目
パワーステアリング装置 ● ベルトのゆるみ、損傷

走行装置

点検箇所 点検項目
タイヤ ● 溝の深さ、異常な磨耗
ホイール ◆ ボルト、ナットのゆるみ

電気装置

点検箇所 点検項目
バッテリ ● ターミナル部のゆるみ、腐食
点火装置 ● スパーク・プラグの状態(※白金プラグは点検不要)
● 点火時期(※無調整式は点検不要)
● ディストリビュータのキャップの状態(※ディストリビュータ無しは点検不要)

ブレーキ装置

点検箇所 点検項目
ブレーキペダル ● 遊び、踏み込んだときの床板とのすき間
● ブレーキのきき具合
パーキング・ブレーキ・レバー ● 引きしろ(踏みしろ)
● ブレーキのきき具合
ブレーキホース、パイプ ● 漏れ、損傷、取付状態
ブレーキのマスタ・シリンダ、
ホイール・シリンダ、ディスク・
キャリパ
● 液漏れ
ブレーキ・ディスク、パッド ◆ パッドの磨耗
◆ ディスクとパッドのすき間
ブレーキ・ドラム、ブレーキ・
シュー
◆ シューの摺動部分、ライニングの磨耗
◆ ドラムとライニングとのすき間