• トップ
  • グレード / 価格
  • 外観 / 内装
  • 走行性能
  • 安全 / 環境
  • 搭載装備
  • オプション / アクセサリー
  • スペック

走行性能

AWC(All Wheel Control=オールホイールコントロール)<4WD>

ラフロードの走破性とオンロードの安定性を両立し、デリカ D:5ならではの走行性能を実現するために、三菱自動車独自のAWC(All Wheel Control)思想を導入。AWCとは、ダカールラリー(通称パリダカ)やWRCラリーなどで鍛えあげ、長い間培ってきた4WD技術を中心としたさまざまなテクノロジーにより、4輪のタイヤ能力をバランスよく、最大限に発揮させることで、「意のままの操縦性」と「卓越した安定性」を実現する4輪運動制御技術の開発思想です。まさにAWCは、環状骨格構造の堅牢ボディとともに、デリカ D:5のオールラウンド性能を生み出す原点なのです。

力強い走りと経済性、クリーン性能を実現。
2.2L コモンレール式DI-Dクリーンディーゼルエンジン新搭載(※1)。<4WD>

低回転から力強く、高回転までスムーズに加速するたのもしいエンジンです。低圧縮比(14.9)を実現し、シリンダー内の圧力・温度を低減。これによりアルミシリンダーブロック、アルミロアケースを採用などエンジンを大幅に軽量化しました。さらに最先端の排出ガス浄化システムなどにより大気汚染の原因となるNOx(窒素酸化物)やPM(粒子状物質)を大幅に低減。平成21年排出ガス規制(ポスト新長期規制)や、平成27年度燃費基準+20%(JC08モード)もクリア。走行性能、燃費性能、排出ガス性能、静粛性を高次元でバランスさせています。

クリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金対象

クリーンディーゼル車はクリーンエネルギー自動車等導入促進対策費補助金の対象となっており代金の支払いを完了させ、車両登録後1ヶ月以内に次世代自動車振興センターに申請書を提出し、審査により交付が決定されると、補助金の交付が受けられます。自家用乗用車の場合、補助金を受給するには4年間保有する義務があります。詳しくは営業スタッフにおたずねください。

環境対応車普及促進税制 適合車

ディーゼル車は、環境対応車普及促進税制に基づき、ご購入時の自動車取得税、自動車重量税が免税となります。
詳しくは営業スタッフにおたずねください。

免税に関する価格の詳細はこちら

●グリーン税制対象。新車登録翌年度の自動車税が軽減されます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。

DI-D=ダイレクト・インジェクション・ ディーゼル

※1:D-PremiumとD-Power packageに設定。

全域にわたるトルクフルな走りと低燃費、そして滑らかに吹き上がる加速感。

燃焼を高精度に制御する、コモンレール式燃料噴射システム

コモンレール式燃料噴射システムは、燃料を超高圧にしてコモンレールへ送る高圧燃料ポンプ、高圧の燃料を溜めておくコモンレール(蓄圧容器)、超高圧で燃料を噴射するインジェクター(燃料噴射装置)、エンジンの運転状態を検出する各センサー、そしてこれらを制御するコンピューターによって構成されています。非常に高圧な燃料の噴射圧力や噴射時期などをきめ細かくコントロールすることにより、理想的な燃焼を実現。不完全燃焼によるPMの発生を低減しています。また、複数回の緻密な噴射コントロールにより急激な燃焼を抑え、NOxや騒音の発生を低減。エンジンの回転数によらない噴射圧力コントロールで、排出ガスのクリーン化、低騒音化、低燃費化、高出力化を実現しています。

高レスポンスを実現する、VGターボチャージャー

タービン容量を可変コントロールするVGターボチャージャーを採用。可変ノズルを制御することで低速域ではタービンの回転速度を上げ、高過給を確保し、高速域ではタービンの過回転や排圧上昇を抑えるしくみです。これにより全域で高レスポンス、高過給が可能となり、優れた走行性能、燃費性能、クリーン性を実現しています。

2.4L MIVEC DOHC 16 VALVE ガソリンエンジン<4WD>

MIVEC Mitsubishi Intelligent&Innovative Valve timing&lift Electronic Control system

吸・排気ともにMIVEC(連続可変バルブタイミング)を採用し、優れた動力性能と低燃費、クリーン性能を高次元で両立。さらにアルミダイキャスト製シリンダーブロック、樹脂製シリンダーヘッドカバーの採用や、後方排気レイアウトなどによって軽量化を図り、優れた運動性能を実現しました。また、その高い環境性能により、エコカー減税対象車となっています。

環境対応車普及促進税制 適合車

環境対応車普及促進税制に基づき、ご購入時の自動車取得税、自動車重量税が減税されます。
詳しくは営業スタッフへおたずねください。

MIVEC=Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control systemは、三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称です。
●燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。なお、JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。

2.0L MIVEC SOHC 16 VALVE ガソリンエンジン<2WD>

MIVEC Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system

走りのMIVECで高い環境性能を追求し、誕生したのが新MIVEC。吸入空気量をスロットルバルブだけでなく、吸気バルブのリフト変化によっても調整します。SOHCでありながら従来のDOHCエンジンと同等の出力を持ち、さらにAS&Gと組み合わせることで、JC08モードでの燃費は13.6km/L(2WD車)を達成。平成17年基準排出ガス75%低減レベルに適合し、平成27年度燃費基準+10%達成という、目に見える環境性能も有しています。

エネルギー損失を低減

吸気バルブリフトを連続的に変化させて、吸気抵抗を抑制することで、吸入時のエネルギー損失を低減。燃費向上に貢献しました。

軽量・コンパクト

新開発のMIVEC機構は、リフト可変と位相可変を機械的に連動させるシンプルな機構。SOHC化が可能になり、軽量・コンパクトなエンジンを実現しました。

環境対応車普及促進税制 適合車

環境対応車普及促進税制に基づき、ご購入時の自動車取得税、自動車重量税が減税されます。
詳しくは営業スタッフへおたずねください。

MIVEC=Mitsubishi Innovative Valve timing Electronic Control system は、三菱自動車の可変バルブタイミング機構の総称です。

●燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。なお、JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。
●グリーン税制対象。新車登録翌年度の自動車税が軽減されます。詳しくは営業スタッフまでおたずねください。

電子制御4WD

燃費のよい「2WD」、路面状況や走行条件に応じて、前後に駆動力を適切に配分する「4WDオート」、強力なトラクションが得られる「4WDロック」の3モードを設定。ダイヤル式のドライブモードセレクターで、走行中でも簡単に切り替えることができます。

Photo:G-Premium<4WD> ドライブモードセレクター(写真はライト点灯時)

INVECS-III CVT / INVECS-II 6A/T

INVECS

常に最適な変速比を自動的に選択するINVECS制御を採用。ガソリン車には、滑らかな加速が楽しめるINVECS-III CVTを搭載。ディーゼル車には、急勾配の登降坂路や牽引時に便利なLレンジを備えた、INVECS-II 6速スポーツモードA/Tを搭載しています。ともにパドルシフト装着車(※2)には、スポーツモード機能を設定し、よりダイナミックな走りを提供します。

Photo:G-Premium<4WD>
インパネシフト(写真はライト点灯時)

Photo:D-Premium<4WD>
インパネシフト(写真はライト点灯時)

※2:一部設定のない類別がありますので、詳しくは「スペック」の主要装備をご覧ください。

パドルシフト(マグネシウム合金製)

6速スポーツモードのシフトチェンジが、ステアリングホイールから手を離さず指先でできるパドルシフト。シフトレバーを操作することなく、すばやく軽快なシフトチェンジが行えます。また素材は、質感の高い軽量・高剛性のマグネシウム合金製で、スポーティな雰囲気をいっそう高めています。

●一部設定のない類別がありますので、「スペック」の主要装備をご覧ください。

Photo:G-Premium<4WD>

サスペンション

フロントはマクファーソンストラット式。リヤには、クルマの上下動や制動時、旋回時などでさまざまな力が加わった際も、正しい姿勢を確保できるトレーリングアーム式マルチリンクサスペンションを採用。より高レベルの操縦安定性と乗り心地を実現しています。またワイドトレッドにより、旋回性能も向上しています。

Photo : ガソリン4WD車

18インチ大径タイヤ+アルミホイール
<4WD車のD-Premium、D-Power package、G-Premium、G-Power packageに標準装備。 2WD車のG-Power packageにパッケージメーカーオプション>

専用開発した225/55 R18大径タイヤ(マッド&スノー)を採用し、どの席に座っても快適な乗り心地を実現。18インチアルミホイールは、表面を切削加工し、光輝処理を施し、高級感を演出しています。また類別に応じて、最適なタイヤ+ホイールを装着(※3)しています。

※3:詳しくは「スペック」の主要装備をご覧ください。

グランドクリアランス

4WD車は最低地上高210mmに加え、アプローチアングル24度、ディパーチャーアングル21.5度、ランプブレークアングル18度を確保。ラフロードや凹凸の激しい不整路でも高い走破性を実現します。
また、2WD車の最低地上高は4WD車より20mm低い190mm。

アクティブスタビリティコントロール(ASC)

ASC=Active Stability Control

滑りやすい路面や急なハンドル操作による車両の不安定な動き・車輪のスリップを防ぎ、安定した走行をサポートするASCを全車に標準装備しました。

[スタビリティコントロール機能]

車両に設置された各センサーによって横滑りなどの不安定な動きを感知すると、4輪のブレーキ、エンジン、4WDシステムを自動的にコントロール(※4)(統合制御)。例えばコーナリングの際、急なハンドル操作を行ったり、路面が滑りやすい時でも、車両の動きを安定させて走行中の安全を保ちます。

※4:2WD車は、4輪のブレーキとエンジンを自動的にコントロールします。

[トラクションコントロール機能]

雪道などのスリップしやすい路面で発進する際、駆動輪のスリップを感知すると、スリップした車輪にブレーキをかけるとともに、エンジン、トランスミッションを自動的にコントロール(統合制御)。スムーズな発進加速を可能にします。さらに、4WD車では低速時からトラクションコントロール制御を行います。

ASC=Active Stability Control
●ASCは、あくまでドライバーの運転操作を補助するシステムです。無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

ABS(EBD・ブレーキアシスト付)

ABS=Antilock Brake System EBD=Electronic Brake-force Distribution

滑りやすい路面や高速走行中での急ブレーキ時、後輪ロックによって起こりやすい横滑りをコントロールし、ハンドル操作による危険回避能力を高めます。また、乗員や積載量に応じて、制動力を配分するEBDを搭載し、状況に応じて適切な制動力を確保。さらに、ペダル踏力・踏込み速度感応型のブレーキアシスト機構を採用し、緊急ブレーキ時、ブレーキペダルを強く踏み込めないドライバーでもより大きなブレーキ力を得られるようにしました。

ABS=Antilock Brake System
EBD=Electronic Brake-force Distribution(電子制御制動力配分装置)
●ABSは、あくまでドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS非装着車と同様に、カーブ等の手前では充分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

ヒルスタートアシスト(Hill Start Assist)

坂道発進の際、傾斜を感知し、車両のずり下がりを一定時間抑制。後続車との車間距離がつまった場合の坂道発進でも、ブレーキからアクセルへの踏み替えが安心して行えます。

エマージェンシーストップシグナルシステム(Emergency Stop signal System)

車両の減速度やABSの作動状況からシステムが急ブレーキと判断した場合、ハザードランプが自動的に点滅。追突事故を未然に防ぐため、後続車に注意を促します。

最小回転半径

取り回しに優れ、駐車場や狭い道でも、スムーズに運転できます。最小転半径5.6mを実現。(2WD車は、最小回転半径5.7m)