ページの先頭です

MITSUBISHI MOTORS

見学3 塗装 1台1台、あなた色に染まります

溶接工程を終えたボディを待っているのが艶やかなボディカラーを着こなすための塗装工程だ。ひと口に塗装と言っても金属のボディにただ色を塗るだけではない。その実はまるで初デートに出かける乙女のお化粧のように念入りだ。
塗装工程は大きく「下塗り」「中塗り」「上塗り」に分けられる。下塗りでは、油分や汚れを除去するための入念な洗浄、塗料ノリを良くするための特殊な表面処理、サビの発生を防ぐ防錆処理など細やかな下準備が行われる。雨漏りを始めとする車内への水の侵入を防ぐ「シーリング」工程などを経て、ようやく色づけに当たる「中塗り」「上塗り」が行われるのだ。塗装の最終乾燥が終わると、検査員による丹念な塗装面の点検も待っている。
ともに過ごす未来のパートナーのために、デリカD:5やパジェロのボディはこうして1台1台丁寧に色づいてゆく。

-POINT- クルマの外装はバンパーなど緩衝パーツを除き鋼板で出来ているのが一般的。しかし、デリカD:5の左右フロントフェンダーには復元性の高い樹脂フェンダーが採用されている(写真は塗装前の樹脂フェンダー)。キャンプ用具などを持ち運ぶ際、誤ってフェンダーにぶつけてしまうようなケースでも、柔軟な樹脂フェンダーなら高い復元性を発揮してくれる。

パジェロ製造 工場見学動画 03 塗装工程 (3分16秒)

(c) Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.