デリカをよりアクティブに「デリカの教科書」

HOME > 寒冷地での走行に気をつけよう > 走行前に気をつけること

走行前に気をつけること

長時間駐車後、クルマに戻るとたくさんの雪に覆われていた、ということがあります。そのまま走行せず、しっかりと準備を行いましょう。

ウィンドウ、ランプ類、屋根の雪を落とす

特に、屋根に雪が積もったまま走行すると、走行中に雪が落ちてきて前がまったく見えなくな る・・・これは非常に危険な状況です。
クルマの雪はなるべく落としましょう。その際、スノ ースクレーパーを携行しているととても便利です。

ウィンドウの凍結・曇りをしっかり取り除く

寒冷地では、朝にクルマを動かそうとすると、フロントウィンドウが凍結していることがほとんどです。もちろん、そのまま走行することは大変危険ですし、ワイパーを動かしても解氷で きないことがほとんどです。解氷する手段としては、エアコンの吹き出しをデフロスターにして、ゆっくりと溶かしていくこと。ある程度溶けてくると、ワイパーを使って解氷することができます。ただし、解氷までに時間を要しますので、朝の出発時間に必ず余裕を持っておきましょう。すぐに解氷したい場合は、解氷スプレーを使用しましょう。商品によっては、再凍結を防止してくれるものもあり、とても便利です。ちなみに、解氷をする際に決してやってはいけないのは「熱湯をかける」こと。急な温度変化によって、ウィンドウを損傷することがあります。解氷の際には、熱湯ではなく、ぬるま湯を 使用しましょう。

シューズの雪を落とす

シューズの底に雪や氷が付いたまま運転すると、不意にペダルが滑ることがあります。乗り込む前に、雪をよく落としましょう。