小さなボディに
大きな安心を。
安全で快適なドライブを
支援します。

SRSエアバッグ / SRSカーテンエアバッグ

  • フロントシート乗員への前面からの衝撃を緩和するSRSエアバッグ(運転席/助手席)に加え、全乗員の頭部への側面からの衝撃を緩和するSRSカーテンエアバッグを標準装備しました。

    SRS = Supplemental Restraint System(シートベルトを補助する乗員保護装置)

    • シートベルトを補助するSRSエアバッグは、前方向(運転席/助手席)または横方向(カーテン)からの、設定以上の衝撃を感知したときのみ作動します。後方向からの衝撃には作動しません。SRSエアバッグは、あくまでもシートベルトを着用することを前提としたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

アクティブスタビリティコントロール(ASC)

  • スタビリティコントロール機能

    車両の横滑りを感知すると、4輪のブレーキ、モーターを自動的にコントロール。横滑りを抑えて車両を安定させます。

    トラクションコントロール機能

    駆動時では、タイヤの過度なスリップを抑えスムーズな発進を実現します。さらにアイ・ミーブでは、回生ブレーキ機能を働かせた減速時でも車両の安定性を維持します。

    ASC = Active Stability Control

    • ASCは、あくまでドライバーの運転操作を補助するシステムです。無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

フロントフォグランプ

  • 霧などで視界が悪いときなどに、視認性を確保します。

衝突安全強化ボディ RISE(ライズ)

  • フロントに理想的な衝撃吸収構造であるフロントサイドメンバー、台形デッキクロスメンバー、井桁フレームを配置。前面衝突時、効率よく屈曲することで衝撃をしっかり吸収・分散します。後面衝突時はモーターとフロアが衝撃を受け止め、側面衝突時は大断面ストレートフレームとクロスメンバーが衝撃を分散。全方位の衝撃に対応します。

    RISE = Reinforced Impact Safety Evolution

車両接近通報装置

  • 車両接近通報装置は、低速で走行しているとき、通報音で歩行者などに車両の接近をお知らせします。発進後、車速が約35km/h以下の場合に前進時、後退時ともに通報音が鳴ります。

    • 保安基準第43条の7に適合。

高減速度回生ブレーキ時ストップランプ点灯機能

  • アクセルオフによる回生ブレーキ作動時に車両が強く減速した場合、ブレーキペダルを踏んでいなくてもストップランプが自動的に点灯し、後続車に急減速中であることを伝えます。

ETACS

  • こまやかな気配りがうれしい、数々のインテリジェント機能。

    • 三菱自動車独自の電子制御システム、エタックス。ETACS = Electronic Time and Alarm Control System
    • ETACSは、各種カスタマイズ設定が可能です。追加機能およびカスタマイズについては、販売会社での設定作業が必要となるものがあります。工場出荷時の設定および操作方法の詳細は取扱説明書をご覧いただくか、営業スタッフにおたずねください。

パワースイッチ切り忘れ警告ブザー

  • パワースイッチがLOCK以外の状態で運転席のドアを開けると、ブザーが断続的に鳴り、パワースイッチの切り忘れを知らせます。

セキュリティアラーム(盗難発生警報装置、国土交通省認可品)

  • リモコン操作でドアロック後、リモコン操作以外の方法でドアが開けられるとブザーとホーンで警告し、ハザードランプの点滅で周囲に知らせます。

ヘッドライトオートカット

  • 降車時にヘッドライトを消し忘れても、自動的に消灯。キーオフ後、足元の照明として約3分間点灯しておくこともできます。

ACC電源オートカット機能

  • パワースイッチがACCの位置のまま30分経過すると、自動的にACC電源をカット。補機用バッテリーの電力消費を抑制します。

ドア連動ルームランプオートカット機能

  • ルームランプが点灯状態(ドア連動設定時)のままクルマから離れても、30分後に自動消灯。補機用バッテリーの電力消費を抑制します。

ドアミラー自動展開・格納機能

  • キーレスオペレーションキーによる解錠・施錠に連動し、ドアミラーを自動的に展開・格納します。

    • 販売会社での設定が必要となります。
    • 詳しくは営業スタッフにおたずねください。

アイ・ミーブならではの
安全性を追究。

新世代の電気自動車にふさわしい統合制御技術

MiEV OS(MiEV Operating System(ミーブ・オペレーションシステム))

  • すべてのEVコンポーネント情報を集約し、アイ・ミーブを統合制御。バッテリー状態の常時モニタリングや、回生ブレーキ機能によるエネルギー回収、滑らかで力強い発進制御、走行時のブレーキ優先制御など、高度な統合制御技術により、省エネを図りながら快適で安全・安心な走行を可能にしています。

    • MiEV OS(MiEV Operating System)とは、三菱自動車が独自に開発した新世代電気自動車用の統合制御技術の総称です。

優れた防護構造でアイ・ミーブの衝突安全性を向上

  • 高剛性バッテリーケース

  • 高電圧システムは、直接触れることのない車外の床下に配置。さらに、すべての高電圧部品をボディ骨格の内側に配備し、その強固な防護構造により、全方位からの衝突ダメージに備えています。また電池セルは、ひとつひとつ堅牢な金属ケースで保護。すべての電池セルを高剛性バッテリーケースでパックし、直接ボディ骨格に結合することでボディ剛性を高めました。

おすすめの自動車保険

コネクテッド機能で万が一の事故も安心。

  • おすすめの自動車保険

    保険会社が提供する自動車保険の中には、万が一の事故の時に、「自動で事故連絡」「端末で通話」など、高度な緊急時対応サービスを提供する商品があります。こうした高度な緊急時対応サービスは、ドライバーに快適性と安心をお届けするコネクテッド機能の中でも重要な機能のひとつです。三菱自動車は大切なお客様によりいっそう安心してお乗りいただくため、こうした保険商品をおすすめします。

    • 商品の詳細については営業スタッフにおたずねください。
    • 2018年4月作成 18-T00658
  • 3つの安心でドライバーを守る

    1 車載通信機が強い衝撃を感知すると自動的にオペレーターにつながり、救急車の手配などの事故対応を行います。

    2 ドライブレコーダーの映像を解析して、事故状況の確認をサポート。

    3 ドライバーが意識を失うなどの状況では、GPSによる位置情報を元に救急対応などのサポートを行います。

    このホームページは、各保険の概要についてご紹介しており、特定の保険会社名や商品名のない記載は一般的な保険商品に関する説明です。取扱商品、各保険の名称や補償内容は引受保険会社によって異なりますので、ご契約(団体契約の場合はご加入)にあたっては、必ず重要事項説明書や各保険のパンフレット(リーフレット)等をよくお読みください。
    ご不明な点等がある場合には、代理店までお問い合わせください。