• トップ
  • グレード / 価格
  • 外観 / 内装
  • 走行性能
  • 安全 / 環境
  • 搭載装備
  • オプション /アクセサリー
  • スペック

安全 / 環境 安全 / 環境

環境性・経済性

環境性

走行中の排出ガス0(ゼロ)(※1)だから、例えば食品の運搬にもピッタリ

ミニキャブ・ミーブ バンの後ろを見てください。エンジンがなく、燃料を燃やすことなく走るから、排気管がついていません。だから、走行中のCO2や大気汚染物質の排出はゼロ。食品や生花など、できるだけクリーンに運びたい荷物を安心して運搬することができます。

※1: 発電から充電までのCO2排出量は含まれておりません。

経済性

お店や家で手軽に充電できるから、ガソリン代がゼロ(※2)

専用の充電ケーブルで車両とEV充電用コンセントをつなぐだけで、お店や家で手軽に充電ができます。もちろん、いままでかかっていたガソリン代はゼロに。また、電力会社のプランによっては、夜間時間帯による充電で、電気代を抑えることができます。(※3)

●充電に関する詳細については「充電について」をご覧ください。

●AC100V充電ケーブルはディーラーオプションとなります。[AC100Vでの充電時間(※4)はCD 10.5kWh:約14時間/CD 16.0kWh:約21時間]

●普通充電には、電気自動車専用の配線とEV充電用コンセントが必要になります。

●充電スポットにおける充電器のご使用条件等については、設置先におたずねください。

●充電時間は目安であり、急速充電器の仕様、電源環境、気温などにより異なります。特に、高温および低温時に充電時間が長くなる場合があります。

●充電時間について
外気温が約30°C以上で連続高速走行や連続登坂走行などを繰り返した場合には、電池温度が上昇します。電池温度が高い状態で急速充電した場合、電池の発熱を抑制するために充電電流を制限します。それに伴い、充電時間が長くなる場合があります。

※2:充電機器の購入費用・工事費用、電気代等が別途かかります。

※3:夜間料金適用には、別途電力会社への申し込みが必要です。

※4:駆動用バッテリー残量計が1目盛(警告灯と交互点滅)になってからの充電時間。(「駆動用バッテリー警告灯」参照)

充電スポットの最新情報はこちら EV(電気自動車)に関連する総合ポータルサイト

充電時間(※4)の目安

  CD 10.5kWh CD 16.0kWh
普通充電(AC200V/15A) 約4.5時間
(満充電)
約7時間
(満充電)
急速充電(急速充電器の出力が50kWの場合) 約15分
(80%充電まで)
約35分
(80%充電まで)

ワンポイントアドバイス 効率よく急速充電するために 満充電近くまで急速充電すると、充電スピードが著しく遅くなり、充電時間も料金も余計にかかってしまいます。駆動用バッテリー残量を確認し、容量が70%〜80%になったら急速充電をやめるように心がけると、おサイフや次に充電器を使う方にも優しく、経済的かつ効率的です。

仕事先でも電気が使える!
MiEV power BOX<ディーラーオプション>

大容量の駆動用バッテリーに蓄えられた電力をAC100Vで最大1500Wまで取り出すことができます。色々な家電製品に使えるので、電源のない屋外作業はもちろん停電など非常時の電源としても便利。一般家庭約1日分の電力消費量に匹敵する大容量(CD 16.0kWh の場合)の電力を利用できます。

詳しくはこちら

  • ●定格消費電力1500W以下でも使用できない機器があります。
  • ●給電ケーブル長は約1.7m。
  • ●詳しくは営業スタッフにおたずねください。