意のままの
操縦性と
圧倒的な
安定性がある。

S-AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)

  • アウトランダーPHEVは、ツインモーター4WDをベースとしたS-AWCを採用。前後のモーターで常に4輪の駆動力を最適制御し、意のままの操縦性と卓越した安定性を実現します。

  • 1ツインモーター × S-AWCは、ドライバーの操作と車両状態をセンサーで検知し、前後の駆動力配分とブレーキ制御量を決定。

    2ブレーキを制御するAYC*1とASC*2、ABS*3を統合し、左右輪間の駆動/制動力を制御。

    3応答性の高いツインモーター4WDは、前後輪の駆動力をリアルタイムに制御。

    4あらゆる路面で安定した走行性能と、リニアなハンドリングを実現。

    • *1 AYC = Active Yaw Control ブレーキを制御することで、車両に働くヨーモーメントを最適に制御し、高い旋回性能と走行安定性を実現します。
    • *2 ASC = Active Stability Control ブレーキとモーターを制御することで、姿勢の乱れを抑制しクルマの安定性を確保します(スタビリティコントロール機能)。また、滑りやすい路面で発進する際、車輪のスリップを防ぎ、発進・加速をサポートします(トラクションコントロール機能)。
    • *3 ABS = Anti-Lock Brake System 滑りやすい路面や高速走行中の急ブレーキで、ブレーキを制御し、タイヤのロックによって起こりやすい横滑りを防ぎ、安定した車体姿勢の確保、ハンドル操作による障害物の回避を容易にするブレーキシステムです。
  • PHEVシステム図

  • 1高出力モーター(フロント / リヤ)

    2大容量駆動用バッテリー

    3フロントMCU(モーター&ジェネレーター コントロール ユニット) / リヤMCU(モーターコントロールユニット)

    4ジェネレーター

    52.4L MIVECエンジン

    • S-AWC(AYC、ASC、ABS)はあくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。カーブ等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。
    • イラストはイメージです。

あらゆる状況でクルマを意のままに操るために、常時4輪を統合制御。

  • S-AWC(SUPER ALL WHEEL CONTROL)は、4輪の駆動力・制動力の制御を軸とした三菱自動車独自の車両運動統合制御システム。
    アウトランダーPHEVのS-AWCは、ツインモーター4WDをベースに、ブレーキをコントロールするAYCを追加し、前後駆動力配分と左右駆動力配分を制御。さらに、駆動トルクと回生トルクの制御を行うとともに、ABSとASCのコントロールについても専用チューニングを実施しました。常時4輪を最適制御するこのシステムにより、アウトランダーPHEVは、さまざまな走行状態で4輪のタイヤの性能をバランス良く、最大限に発揮することが可能。これにより、あらゆる路面状況で、イメージした通りのラインをトレースできる優れたハンドリングと、路面状況の変化に影響されない高度な走行安定性を実現します。

意のままの走りが愉しめる、ツインモーター × S-AWC。

  • アウトランダーPHEVが採用したツインモーター×S-AWCは、さまざまな路面状況で、ドライバーの操作に応えてくれます。

  • ● 本動画の車両は旧型アウトランダーPHEVです。

  • 旋回時のライントレース性

    旋回時は走行ラインが外に膨らまず、イメージ通りのラインをトレース。

    走行時の安定性

    高速直進時やレーンチェンジでも、車体が振られることなく、安定した走行を実現。

    滑りやすい路面の走破性

    雪道の発進や悪路走行でも、スリップ量が小さく、安全で力強い走りが愉しめます。

走行状況に合わせてセレクトできる4タイプのドライブモード。

  • 通常使用時のNORMALと、走破性を高めるLOCKの2モードに加え、新たにSNOWモードとSPORTモードを追加。SNOWモードは、NORMAL/LOCK同様ドライブモードスイッチで、SPORTモードは専用スイッチで選択できます。路面状態や走行状況に合わせて最適に設定された4つのモードを選択することで、常に快適なドライビングを提供します。

S-AWC 4輪統合制御の一例(イメージ)

  • NORMALモード

    燃費性能と4WD性能を両立した駆動力配分により、舗装路から積雪路までの幅広い走行シーンに対応。高速走行時も、常に4輪に駆動力を配分することで直進安定性を確保。

  • SNOWモードNEW

    滑りやすい路面に特化してチューニングされた駆動力配分とモーター出力特性により、安心感の高い走行性能を実現。タイヤの空転やカーブでの膨らみの予兆を素早く検出し、瞬時に4輪の駆動力を最適化することで安定した挙動を維持。

  • LOCKモード

    凹凸・うねり・轍等の影響を受けにくい駆動力配分とすることで、タイヤの空転を抑制。空転時には各輪の制動力を強めることで、荒れた路面でも高いトラクション性能を発揮。

  • SPORTモードNEW

    モーターの出力特性や応答性を高めた専用チューニングにより発進時や追い越し時の加速感を向上。駆動力配分は専用プログラムを採用し、後輪への駆動力配分をさらに高めることで、乾燥舗装路でのスムーズで力強いコーナリングを実現。