• トップ
  • グレード / 価格
  • 外観 / 内装
  • 走行性能
  • 安全 / 環境
  • 搭載装備
  • オプション / アクセサリー
  • スペック

安全 / 環境

環境性・経済性

走行中の排出ガス

電気だけで走るので、走行中のCO2や大気汚染物質の排出はゼロ(※1)。野菜や果物など食品がクリーンに運べるので、お得意先にも喜んでいただけます。

※1:発電から充電までのCO2排出量は含まれておりません。

ガソリン代

お店や家で手軽に充電ができ、ガソリン代はまったくかかりません。電気代も、夜間電力を上手に使うと、グッとおサイフにやさしくなります(※2)。

※2:夜間料金適用には、別途電力会社への申し込みが必要です。
※3:充電機器の購入費用・工事費用、電気代等が別途かかります。

帰ってきたら、お店や家で手軽に充電。

ワンポイントアドバイス 効率よく急速充電するために 満充電近くまで急速充電すると、充電スピードが著しく遅くなり、充電時間も料金も余計にかかってしまいます。駆動用バッテリー残量を確認し、容量が70%〜80%になったら急速充電をやめるように心がけると、おサイフや次に充電器を使う方にも優しく、経済的かつ効率的です。

充電スポットの最新情報はこちら EV(電気自動車)に関連する総合ポータルサイト

※3:駆動用バッテリー残量計が1目盛(警告灯と交互点滅)になってからの充電時間。(走行性能参照)
●充電に関する詳細については搭載装備の「充電について」をご覧ください。
●普通充電には、電気自動車専用の配線とEV充電用コンセントが必要になります。
●AC100V充電ケーブルはディーラーオプションとなります。[AC100Vでの充電時間は約14時間]
●充電スポットにおける充電器のご使用条件等については、設置先におたずねください。
●充電時間は目安であり、急速充電器の仕様、電源環境、気温などにより異なります。

仕事先でも電気が使える!
MiEV power BOX<ディーラーオプション>

クルマに充電しておいた電力をAC100Vで最大1500Wまで取り出すことができます。色々な家電製品が使えるので、電源のない屋外作業はもちろん停電など非常時の電源としても便利です。

詳しくはこちら

  • ●定格消費電力1500W以下でも使用できない機器があります。
  • ●給電ケーブル長は約1.7m。

  • ●エクステリアデカールはディーラーオプション