さあ、新しいアウトドア・スタイルへ

8月8日(土)〜9日(日)の2日間、朝霧ジャンボリーオートキャンプ場にて「スターキャンプ2015 in朝霧高原」が開催されました。
14回目を迎える今年のテーマは「さあ、新しいアウトドア・スタイルへ」。メイン会場ではアウトランダーPHEVの給電機能を活用した「プラグインカフェ」などを設置し、新しいオートキャンプの楽しみ方を来場者の方々に味わっていただきました。

三菱4WDならではの走りを実感できる、
3つのコースを試乗していただきました。

CROSS COUNTRY COURSE

デリカD:5のテレビCMと同じオフロードコースで悪路走破性を実感!

急な坂道を勢いよく駆け上がる、クリーンディーゼル&4WDのトルクフルな登坂力

片輪が浮いてしまうほどの凸凹道でも、ASC機能によって空転タイヤにブレーキをかけ、接地タイヤに駆動力を伝えることで安全に走行

テレビCMと同じ荒れた林道でもクリーンディーゼル&4WDによりの安定走行

>>テレビCMを見る

さまざまな角度の傾斜や激しいアップダウン、凸凹路面を備えた本格的なクロスカントリーコース。「デリカD:5」のCM撮影でも使用された同コースでは、悪路を駆け抜ける“走破力”が持ち味の、「デリカD:5」に試乗いただき、その性能を存分に体感してもらいました。
滑りやすい急な下り坂やタイヤが浮くような不安定な道でも、最適な駆動配分で走行の安定性を確保。三菱4WDが魅せる、安心快適かつ力強い走りは必見です。

FOREST ROAD COURSE

鳥のさえずりさえも聞こえるアウトランダーPHEVの静粛性を実感!

ツインモーター4WDによるPHEVならではのスムーズな加速性

モーターでの走行による、鳥の鳴き声も聞こえるほどの静粛性

ぬかるみ状になった轍や道幅が狭く滑りやすいカーブなど、自然豊かでワイルドな難路が特徴的な林道コース。この試乗コースでは、グリップしづらい路面でも、思い通りのハンドル操作で安定した走行ができる「アウトランダーPHEV」ならではの走りを体感してもらいました。低重心でカーブも抜群の安定感。
凹凸の多い荒れた道でも静粛性能を発揮し、満足度の高い乗り心地を実現しました。卓越した走行安定性は一見の価値あり。

45度の急な坂道をものともしない登坂力を実感!

キャンバー
片輪が浮いてしまうほどの凸凹道でも、ASC機能によって空転タイヤにブレーキをかけ、接地タイヤに駆動力を伝えることで安全に走行

ステップ 階段
落差の大きな段差でも、前後バンパーのアングルによりボディと路面の接触を気にすることなく難なく走行

モーグル
段差の激しい凸凹道でもロングストロークの4輪独立懸架サスペンションで確実に4輪グリップ

45度登坂
45度の坂をも登れるクリーンディーゼル&4WDの圧倒的な登坂力

傾斜のついた障害物や、急勾配を駆け上がる4WDキットコース。モーグル路、キャンバー路などオフロードの険しい道を再現した当コースでは、「パジェロ」「デリカD:5」の高い機動力と悪路走破性を体感してもらいました。
45度の傾斜をものともしない図太いトルク、路面の起伏を感じさせない足まわりの強さとボディ剛性など、走れば走るほど感じとれるポテンシャルの高さは、他のクルマでは味わえない魅力のひとつです。

page top