メンテナンスサービス

MINICAB-MiEVトラック 駆動用バッテリーの保証について

MINICAB-MiEVトラック[生産終了車]の駆動用バッテリーは、特別保証部品に加えて、現在ご使用中のお客様と新たにご購入頂くお客様に安心してお使い頂く為に、以下を保証しております。

対象の車台番号:U68T−*******[全車]

(1)駆動用バッテリー容量保証
(2)特別保証終了後の修理サポート

駆動用バッテリーの保証
容量低下*1 製造上の不具合等に起因する故障
容量保証

初度登録後8年以内
(但し走行16万km以内)で駆動用バッテリー容量の70%を下回った場合、無償で修理・交換を実施

特別保証部品

初度登録後5年以内
(但し走行10万km以内)で故障が発生した場合、無償で修理・交換を実施

修理サポート

初度登録後5年超8年以内
(但し走行10万km以内)で故障が発生した場合、一定額のお客様ご負担での修理を実施

※初度登録:新車を登録(届出)した日

*1: 駆動用バッテリーは、一般的なリチウムイオン電池と同様に時間の経過や使用状況に伴い、バッテリー容量が低下致します。故障が原因では無い容量低下について容量保証を適用致します。
故障が原因の場合には、特別保証もしくは修理サポートを適用致します。

容量保証(初度登録後8年以内かつ走行距離16万km以内)

特別保証部品に加え、初度登録後8年以内、かつ走行距離が16万km以内に駆動用バッテリー容量が70%を下回った場合に、無償で修理・交換を実施します。

[駆動用バッテリー容量測定について]

・バッテリー容量の測定は、販売会社のサービス工場または三菱自動車が認めたサービス工場で有償にて承ります。

・容量測定には2日間ご愛車をお預かり致しますので、事前のご相談・ご予約をお願いします。

特別保証部品(初度登録後5年以内かつ走行距離10万km以内)

初度登録後5年以内、かつ走行距離が10万km以内に駆動用バッテリーの製造上の不具合等に起因する故障が発生した場合に、無償で修理・交換を実施します。

修理サポート(初度登録後5年超8年以内かつ走行距離10万km以内)

特別保証終了後の初度登録後5年超8年以内、かつ走行距離が10万km以内に、駆動用バッテリーの製造上の不具合等に起因する故障が発生した場合に、お客様が駆動用バッテリー修理をご希望される場合には、部品代のご負担を一定上限額に抑える修理サポートを実施します。

部品代
お客様ご負担額
(上限)
5年超6年以内 10.8万円(消費税抜き金額 10万円)
6年超7年以内 21.6万円(消費税抜き金額 20万円)
7年超8年以内 27.0万円(消費税抜き金額 25万円)

※別途、修理工賃、駆動用バッテリー測定・診断費用、代車費用はお客様負担となります。

※8年超または、10万km超車両は対象外となります。

※最長10年10万km特別保証延長では、駆動用バッテリーは対象外となります。

[中古車をご購入のお客様]

当社の保証継承*2をされていない中古車をご購入のお客様が、容量保証および修理サポートを受けるには、販売会社のサービス工場にて、12ヶ月点検相当の点検(有料)と駆動用バッテリーの容量測定(有料)を実施し、メンテナンスノート(点検整備方式/点検整備記録簿)に点検記録を残す必要があります。メンテナンスノートが無い場合は、メンテナンスノートを購入していただき、点検記録を残す必要があります。


*2:保証継承とは 特別保証は「保証書にお名前や販売会社名等の必要事項が記載されたお客様」に対して効力を有するものとなります。このため、特別保証の期間が残っている中古車をご購入された場合には、三菱自動車販売会社にて12ヶ月点検相当の有料点検を実施していただく必要があります。
詳しくは車載のメンテナンスノートをご覧ください。

また、既に特別保証の期間または、距離条件を超えている中古車をご購入のお客様が、駆動用バッテリー容量保証及び修理サポートを受けるには、販売会社のサービス工場にて、12ヶ月点検相当の点検(有料)と駆動用バッテリーの容量測定(有料)を実施し、メンテナンスノートが無い場合は、メンテナンスノートを購入していただき、点検記録を残す必要があります。

お客様にお守りいただく事項

つぎのことが守られていない場合は、保証をお断りすることがあります。
(1)取扱説明書に示す正しいお取扱いおよびお手入れの実施
(2)法令で定められた日常点検、定期点検整備の実施
(3)三菱自動車が指定する点検整備と定期交換部品、及び油脂類の指定どおりの交換
(4)定期点検整備の実施が証明できるメンテナンスノートの携行

保証の失効

駆動用バッテリーの保証につきましては、次の事項の場合には保証が失効致します。
(1)駆動用バッテリーを、販売会社のサービス工場または三菱自動車が認めたサービス工場以外で組立・修理・分解・改造を行った場合
(2)自動車が日本国外へ持ち出された場合