デリカのプロペラシャフトのユニバーサル・ジョイント部の劣化およびエンジン(ミッション)・マウントの劣化点検のお願い

頻繁な重量物の運搬や走行距離が多い等、使用条件の影響によってプロペラシャフトのユニバーサル・ジョイントやエンジン(ミッション)・マウント部が劣化し、異音の発生や破損に至る事例が報告されております。
つきましては、車検時や定期点検時での点検実施をよろしくお願い致します。

対象車種

デリカ(型式:SK)

点検のお願い

1.プロペラシャフト点検時のお願い

プロペラシャフトのユニバーサル・ジョイントの「がた」点検と併せ、下記劣化状況の点検をお願い致します。

  1. ユニバーサル・ジョイントのキャップ部やオイル・シール部に亀裂、破損やそれを起因としたグリース漏れがないかを点検する。
    リヤタイヤを回転させる等、プロペラシャフトを1回転させ、ミッション側およびリヤデフ側の各4か所のユニバーサル・ジョイントの全周を、目視にて確実に点検をお願い致します。
  2. 上記点検で異常が認められる場合、プロペラシャフトを交換する。
プロペラシャフト点検時のお願い

2.エンジン(ミッション)・マウント点検時のお願い

プロペラシャフトのユニバーサル・ジョイントの「がた」やキャップ部及びオイル・シール部に異常が認められる場合と、頻繁な重量物の運搬や走行距離が多い車両については、下記劣化状況の点検をお願い致します。

  1. エンジン・マウントおよびミッション・マウントのラバー部の亀裂やへたりの有無を点検する。
  2. 亀裂やへたりが認められる場合は、マウントを交換する。

※マウントのラバー部に亀裂やへたりが発生すると、プロペラシャフトのユニバーサル・ジョイントに過大な負荷がかかり、破損の原因となります。

エンジン(ミッション)・マウント点検時のお願い