ミニキャブ、ブラボー、タウンボックスの
リヤホイールベアリングのがた点検要領

リヤホイールベアリングに異常(がた、異音)が発生した状態で部品を交換せずに継続使用したため、走行中にベアリングが破損してアクスルシャフトごとタイヤが外れる事例が発生しております。
つきましては、リヤホイールベアリングの点検要領についてご連絡いたしますので、適切な点検・処置を実施いただきますようお願いいたします。

対象型式

U41T U42T U41TP U42TP U41V U42V U43V U44V
U61T U62T U61TP U62TP U61V U62V U61W U62W

リヤホイールベアリングの点検要領

(1)リフトアップした状態でリヤタイヤを回転させて、滑らかに回転することを確認する。ゴリゴリ感や引っ掛かり感などがある場合は、当該ベアリングを交換する。

(2)バッキングプレートとアクスルハウジング間の締付けトルクが、正規であることを確認する。

年式 ナット位置 サイズ 締付けトルク
09型まで アクスルフランジ車体内側 M10 52±7 Nm(5.3±0.7kgf・m)
10型以降 バッキングプレート側 M8 32±4 Nm(3.3±0.4kgf・m)

(3)ダイヤルゲージをアクスルシャフトにセットし、軸方向および車両上下方向に動かしてがたを測定する。(右図参照)

  • 軸方向限度値:0.8mm
  • 車両上下方向限度値:0.3mm

(4)がたが限度値を超える場合は、リヤホイールベアリングとインナーリテーナーを交換する。

(5)がたが限度値以下でも異音が発生している場合は、リヤアクスルシャフトを取り外し、リヤホイールベアリングを手で回して確認する。

(6)ベアリングにゴリゴリ感や引っ掛かり感などがある場合は、ベアリングとインナーリテーナーを交換する。

(7)ベアリング交換時にリヤアクスルシャフトのベアリング圧入部に摩耗が認められた場合には、リヤアクスルシャフトもセットで交換する。