フロントサスペンションロワーアームASSYから
異音が発生する場合の処置要領

低速での段差乗り上げ、低速操舵などでフロントサスペンションロワーアーム後側ブッシュすぐり部から異音(ギュ・クシュ・ギシなど)が発生する場合があることから、異音発生時の処置要領をご案内いたします。

対象車種

B11系(eKワゴン、eKスペース)

使用するもの

(A)シリコングリース (図1)
部品番号:MZ100275(100g)/ MZ100277(10g)

(B)刷毛相当品

シリコングリース

図1.シリコングリース

作業要領

  1. 異音が発生しているフロントサスペンションロワーアーム(図2)を取り外す。

    (注)スタビライザーバー装着車の場合、スタビライザーリンクとスタビライザーバーの結合ナットを外してロワーアームを取り外す。スタビライザーリンクASSYとロワーアームを結合しているセルフロックナット(再使用不可)は取り外さないこと。

  2. 後側ブッシュのすぐり部の汚れ(砂、泥など)を除去する。
  3. グリースを刷毛または手(指)に取る。
  4. 図3の斜線部にグリースを塗布する。塗布指示範囲以外にはグリースが付着しないよう注意すること。
    (締結不良防止のため、締結座面、ボルト、ナットに付着させないこと)
  5. 処置したフロントサスペンションロワーアームを取りつける。
ロワーアーム

図2.ロワーアーム

後側ブッシュへのシリコングリース塗布範囲

図3.後側ブッシュへのシリコングリース塗布範囲

作業終了後の点検

低速での段差乗り上げ、低速操舵などで異音が発生しないことを確認する。

整備作業時の注意事項

作業に使用したシリコングリース(刷毛、手袋、作業者の手についたグリースも含む)は、電子部品のスイッチ等に付着した場合、導通不良などの異常が生じる可能性があるので、車室内に持ち込まないこと。
(シリコングリースが付着した手や手袋等で車室内を触れないこと)