ミニキャブ、タウンボックス
プロペラシャフト脱着、プロペラシャフトオイルシール交換、トランスファーとトランスミッションのオイル点検と交換時における注意事項について

下記対象車両のトランスファー及びトランスミッションのオイル注入不足やオイル漏れにより、プロペラシャフトの摺動部分が焼き付き、プロペラシャフトが脱落して、最悪の場合、燃料タンクに振れ回ったプロペラシャフトが接触してガソリンが漏れ、車両火災に至る事象が発生しております。
つきましては、プロペラシャフト脱着、プロペラシャフトオイルシール交換、トランスファーとトランスミッションのオイルの点検と交換における作業時の注意事項をお知らせしますので、確実な作業の実施をお願い致します。
特にトランスファーのオイル不足が散見されるためトランスファーのオイル点検・注入を確実に実施願います。

対象型式

三菱:U60系トラック、バン、ワゴン 2WD 5M/T車および4WD 5M/T、3A/T、4A/T車

プロペラシャフト脱着作業の注意事項

1.取り外し前作業

フロント及びリヤプロペラシャフト
トランスミッションとトランスファーにオイルにじみやオイル漏れによる汚れがないかを確認する。

注意)オイルシールからオイルにじみが確認された場合は、オイルシールを交換する。

トランスミッションのシフトレバーを「ニュートラル(N)」にする。
4WD車の場合トランスファーシフトレバーを「2H」にする。・・・図1

取り外し前作業

4WD車のフロントプロペラシャフトを脱着する場合は下記項目も実施する。
トランスファーのオイルを抜き取る。
アンダーカバーを取り外す。

2.取り外し

ディファレンシャルのコンパニオンフランジとプロペラシャフトのフランジヨークに合せマークを付ける。
(取り付け時の位置合せ用)
コンパニオンフランジのボルトを外した後、プロペラシャフトをトランスミッションまたはトランスファー側に押し込まないように注意して、スリーブヨークに手を添えて真っ直ぐに引き抜く。・・・図2

取り外し

注意)ディファレンシャル交換時、スリーブヨークをトランスミッションまたはトランスファーに差し込んだままにしないこと。

注意)スリーブヨークを当てたり、落下させて傷付けないこと。

プロペラシャフトのスリーブヨークとダストカバー内をきれいなウエスで清掃する。

注意)ゴミを付着させないようにすること。

注意)スリーブヨーク摺動範囲内の表面に傷や錆などがある場合は、新品に交換する。

紙やすりでの補修は厳禁。
トランスミッション及びトランスファー内に異物が入らないようにカバーする。

3.保管

スリーブヨーク部をビニール袋で覆い、保管する。(きれいな場合、ダストを付着させないため)・・・ 図3

保管

4.スリーブヨークの点検

プロペラシャフトのスリーブヨークの摺動面を点検し、判定がNG場合は、プロペラシャフト及び
トランスファーリヤカバー(4WD)・エクステンションハウジング(2WD)を新品に交換する。

注意)点検時摺動面に傷をつけないようにすること。

  • スリーブヨーク点検時の判定基準
判定
点検項目 OK NG
スリーブヨーク
摺動面ブッシュ
溶着跡有無
焼けなし
溶着跡なし
摺動面に焼け、ブッシュ溶着跡有り
スリーブヨーク点検時の判定基準
スリーブヨーク点検時の判定基準
スリーブヨーク点検時の判定基準
スリーブヨーク点検時の判定基準

5.取り付け前準備

ターボ車を除く2WD 5M/T車と4WD車の場合、トランスミッションまたはトランスファーのダストカバーを取り外し、内部を清掃する。それ以外は、ダストカバーを外さないで、きれいなウエスで内部を清掃する。

注意)ダストカバーを変形させないこと。

トランスミッションまたはトランスファーのオイルシールに付着したダストなどをきれいなウエスで清掃する。

注意)ダストなどをトランスミッションまたはトランスファーの内部に入れないこと。

注意)下記の場合は、オイルシールを新品に交換する。

  • オイルにじみがある場合
  • オイルシールのリップの傷や変形がある場合
  • オイルシールに付着した異物が除去できない場合

なお、新車あるいはオイルシール交換後10万kmまたは10年以上経過した場合、オイルシールの劣化の可能性があり、交換を推奨する。

※)オイルシール交換時の注意事項を参照

オイルシールのリップ部にトランスミッションまたはトランスファーの指定オイルを塗布する。
トランスミッションまたはトランスファーにダストカバーを取り付ける。

注意)ダストカバーを傾けて挿入させないこと。変形させないこと。

プロペラシャフトのスリーブヨーク摺動部全周に、トランスミッションまたはトランスファーの指定オイルを塗布する。 ・・・ 図4

取り付け前準備

指定オイル

三菱:

三菱自動車純正ダイヤクイーン
ニューマルチギヤオイル SAE 75W-80(GL-3)
または、
三菱自動車純正ダイヤクイーン
マルチギヤオイル 75W-85W(GL-4)

6.取り付け

プロペラシャフトのスリーブヨークをトランスミッションまたはトランスファーのアウトプットシャフトに対して傾けないよう、スリーブヨークに手を添えて真っ直ぐ挿入する。・・・ 図5

取り付け

注意)オイルシールのリップ部を傷つけないようにすること。

ディファレンシャルのコンパニオンフランジとプロペラシャフトのフランジヨークのマークを合せてボルト及びナットを規定トルクで締付け固定する。・・・図6

取り付け

注意)プロペラシャフトのフランジヨークとディファレンシャルのコンパニオンフランジ、ボルト、ナットを清掃する。
ねじ部に油分付着の場合、脱脂する。

トランスミッションおよびトランスファーのオイル量を確認し、不足の場合は、指定オイルを規定量(フィラープラグ穴下端)まで注入する。

注意)オイルの入れ忘れがないこと。オイル量の不足がないこと。

※) オイル点検および交換作業の注意事項を参照

アンダーカバーを取付ける。

オイルシール交換作業の注意事項

1.取り外し

ダストカバーを取り外す。

注意)ダストカバーを変形させないこと。

取り外し工具(プーラー)があれば、使用してオイルシールを取り外す。
プーラーが無い場合は、先端にビニールテープを2重に巻いたマイナスドライバーでオイルシールを取り外す。

ケース側のオイルシール圧入部やブッシュ部及びアウトプットシャフトのスプラインを傷つけないこと。

2.取り付け

オイルシールインストーラーを用いて真っ直ぐに除々に圧入する。・・・図1

注意)オイルシール圧入部のゴミや汚れがないこと。ゴミや汚れがあれば、きれいなウエスで拭き取る。

注意)勢いを付けてオイルシールを圧入しない。傾けて圧入しない。変形させない。

注意)インストーラー以外を使用しない。

取り付け

注意)フロント用とリヤ用のオイルシールを間違えないこと。
なお、フロント用オイルシールに識別「××」表示があり。・・・図2

取り付け
取り付け

図2 オイルシール

オイルシールリップ部に指定オイルを塗布する。

注意)オイルシールに異物を付着させないこと。

ダストカバーを取り付ける。

注意)ダストカバーを傾けて挿入させないこと。変形させないこと。

トランスファーとトランスミッションのオイル点検作業および注入作業の注意事項

  • 定期点検時、トランスファーとトランスミッションのオイル点検を確実に実施のこと。
  • オイル交換時、4WD車の場合はトランスファーのオイルも忘れず規定油量注入すること。

1.オイルの油種と油量

項目 油量 使用銘柄
T/M T/F 三菱自動車純正 ダイヤクイーン
ニューマルチギヤオイル SAE 75W-80(GL-3)
または、
三菱自動車純正 ダイヤクイーン
マルチギヤオイル 75W-85W(GL-4)
5M/T 除く
ターボ車
2WD 約0.8L(*1)
4WD 約1.8L(*1、*2)
ターボ車 2WD 約1.3L
4WD 約1.3L 約0.9L
3A/T 除く
ターボ車
4WD (*3) 約0.72L
4A/T 4WD 約0.8L
4A/T ターボ車 4WD 約1.1L

*1) PTO付の場合は0.05L追加

*2) トランスミッションとトランスファーが一体構造のため、油量の区別なし

*3) ATFの油量点検、交換、銘柄は整備解説書をご参照ください

2.オイル注入口や点検口及びオイルの交換要領等

<マニュアルトランスミッションおよびトランスファー>

オイル注入口や点検口及びオイルの交換要領等
オイル注入口や点検口及びオイルの交換要領等

・油量の点検

(1)オイルフィラープラグを取り外す。

(2)オイルに著しい汚れがなく、適度な粘度があるか点検する。

(3)六角レンチを使用してオイルレベルを点検し、下限以下の場合は、プロペラシャフトのスリーブヨークを点検すること。

ここまでオイルが付着していること これ以下の場合はスリーブヨーク点検を実施すること 参考:六角棒スパナ 呼び2相当

(4)オイルがフィラープラグ穴下端まで無い場合は、オイルをオイルフィラープラグ穴下端まで注入する。

(5)オイルフィラープラグを規定トルクで締付ける。
締付トルク:32±2N・m{3.3±0.2kgf・m}

注意)ガスケットの組付けを忘れないこと。
変形している場合は、新品に交換すること。

オイル注入口や点検口及びオイルの交換要領等
オイル注入口や点検口及びオイルの交換要領等

・オイルの交換

(1)オイルドレーンプラグを取外して、オイルを排出する。

(2)オイルドレーンプラグを規定トルクで締付ける。
締付トルク:32±2N・m{3.3±0.2kgf・m}

注意)ガスケットの組付けを忘れないこと。
変形している場合は、新品に交換すること。

(3)オイルフィラープラグを取外し、オイルをオイルフィラープラグ穴下端まで注入する。

(4)六角レンチを使用してオイルがオイルフィラープラグ穴下端まであるか点検する。

(5)オイルフィラープラグを取付け、規定トルクで締付ける。
締付トルク:32±2N・m{3.3±0.2kgf・m}

注意)ガスケットの組付けを忘れないこと。
変形している場合は、新品に交換すること。