デリカディーゼルエンジンのフューエルインジェクターメンテナンスについてのお知らせ

デリカのディーゼルエンジン搭載車において、フューエルインジェクター内部やノズル先端部分に付着したデポジットを洗浄し、フューエルインジェクターの性能を維持するため、「三菱純正ディーゼルフューエルシステムクリーナー(以下、クリーナー)注入」をメーカー指定のメンテナンス項目(15,000km毎または12ヶ月毎に実施)として追加致しました(※1)。
また、クリーナー注入をより確実に実施頂くため、15,000km走行する毎にメーターのマルチインフォメーションディスプレイにクリーナー注入を促す警告を表示する仕様を追加(取扱説明書に記載)致しました(※2)。
予期せぬエンジントラブルを防ぐため、三菱純正のクリーナーを使用した定期的なインジェクターメンテナンスをお願い致します。

対象車種

デリカD:5(型式:LDA-CV1W)

※1 2017年4月10日(17年型)製作~(車台番号:CV1W-120****)

※2 2017年12月21日製作~(車台番号:CV1W-1209233, CV1W-1209234, CV1W-1209235, CV1W-1209237, CV1W-1209238, CV1W-1209241~)

メンテナンスノート追加項目(図1)

クリーナー(※3)の注入を15,000km毎または12ヶ月毎に実施するようお願い致します。
注意:※2の対象車は、警告が表示されていなくても、クリーナー注入後はエンジンECUが記憶している前回注入してからの走行距離の積算情報を初期化(※4)する必要があります。

※3 三菱純正ディーゼルフューエルシステムクリーナー (MZ100722)
なお、上記クリーナーは三菱自動車販売会社にてお買い求め頂けます。

※4 詳しくは、整備解説書をご参照ください。
もしくは、お近くの三菱自動車販売会社へお問い合わせください。

図1 メンテナンスノート

図1 メンテナンスノート

マルチインフォメーションディスプレイへの警告表示追加(図2)

15,000km走行する毎に、メーターのマルチインフォメーションディスプレイに、フューエルインジェクターのメンテナンス時期を過ぎたことをお知らせする警告が表示されますので、取扱説明書に記載の通り、三菱自動車販売会社でメンテナンス(クリーナー注入)を受けてください。
注意:警告が表示された場合は、クリーナー注入後、エンジンECUが記憶している前回注入してからの走行距離の積算情報を初期化し、警告を消灯(※4)させる必要があります。

図2 マルチインフォメーションディスプレイ

図2 マルチインフォメーションディスプレイ

点検整備記録簿への記載

本メンテナンスを行った場合は、次回クリーナー注入時期の目安とするため、メンテナンスノートの点検整備記録簿に、クリーナーの注入日と走行距離の記録をお願い致します。