本ページの記載内容は、平成18年11月8日届出の改善対策「デリカスペースギアのテールゲートガススプリングについて」の対象車両にお乗りのお客様にお送りしたダイレクトメールの内容です。
詳細についてはこちらをご覧下さい。 >>

お客様各位
三菱自動車工業株式会社
ご愛用車の無償修理(改善対策)のご案内とお願い


拝啓 時下ますますご清栄のこととお慶び申し上げます。
平素は三菱車をご愛用賜りまして厚くお礼申し上げます。
さて、このたび弊社は下記内容の改善対策を国土交通省に届出致しました。
つきましては、お客様ご愛用車が対象となっておりますので、改善対策作業を実施させていただきたくご案内申し上げます。 尚、改善作業のご案内ができるまでの間、下記の通り、テールゲート操作時にはご注意いただきますようお願い申し上げます。
お客様にはご迷惑とご心配をお掛けしますことを深くお詫び申し上げます。


テールゲート操作時のお願い
 

テールゲートの降下により怪我をする恐れがありますので、必ずお守り頂きますようお願い申し上げます。
(1) テールゲートの急激な開閉操作を行わないよう注意願います。
(2)  テールゲート開放時、全開位置で静止するまで、ゲート下側の可動範囲内に立ち入らないよう注意願います。
(3) テールゲートを開けたまま走行する等、ブラケットに負荷のかかることは実施しないようお願い致します。
(4) テールゲートにラダー等を装着している車両については、ブラケットへの負荷が通常車両より大きくなっていますので、 特に注意願います。

内容
テールゲートガススプリング(テールゲートの動きを規制しているガス式のスプリング) をテールゲートに取付けているブラケットの製造方法が不適切なため、ブラケットの板厚が部分的に減少している場合があります。 そのため、走行中の振動およびテールゲート開閉の繰り返しにより、当該ブラケットの板厚減少部に亀裂が生じ、最悪の場合、ブラケットが破損し、 テールゲートが降下する恐れがあります。


なお、テールゲートの開閉操作に際して不安を感じられた場合には、テールゲートの使用を中止いただき、封筒裏面に記載の販売会社または最寄りの販売会社にご連絡いただき、 ご入庫いただきますようお願い申し上げます。
今後とも品質の向上に努めて参りますので、何卒ご了解賜り、引き続きご愛顧いただきますようお願い申し上げます。

敬具
2006年11月

(c) 2006 Mitsubishi Motors Corporation. All rights reserved.