「あなたの安心、
未来ドライブ」
三菱e-Assist
(運転支援機能)

デリカD:2、デリカD:2カスタムは全車「サポカーS ワイド」対象車です。

  • セーフティ・サポートカーS ワイド(サポカーS ワイド)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

  • デリカD:2、デリカD:2カスタムの先進安全装備

    • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM](ステレオカメラタイプ)
      ※対車両/対歩行者
    • ハイビームアシスト
    • 車線逸脱警報機能
    • 後退時ブレーキサポート
    • 後方誤発進抑制機能
    • 誤発進抑制機能

衝突回避をアシストする、
衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM](ステレオカメラタイプ)

  • 2つのカメラで前方の車両や歩行者を検知。また、夜間でも歩行者を検知します。衝突のおそれがあると判断すると音や表示によって警告。衝突の可能性が高まると自動で弱いブレーキを作動。その間、ブレーキペダルを踏むとブレーキ踏力をアシスト。さらに衝突の可能性が高まると自動で強いブレーキをかけ、衝突を回避または衝突時の被害軽減を図ります。

    FCM = Forward Collision Mitigation system

    • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動時は強いブレーキがかかりますので、走行前に全ての乗員が適切にシートベルトを着用していることを確認してください。
    • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能作動後はブレーキ機能が解除されるので、クリープ現象により前進します。必ずブレーキペダルを踏んでください。
  • 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度について

    • 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度とは、運転者の安全運転を支援する機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー/サポカーS)」の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する衝突被害軽減ブレーキ等が一定の性能を有していることを国土交通省が認定する制度です。
    • デリカD:2は全車「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度」認定車です。
    • AEBS = Advanced Emergency Braking System

対向車を検知しハイ・ロービームを自動切り替えする、ハイビームアシスト

  • ヘッドランプをハイビームにして走行中、対向車や先行車がいたり、明るい場所になると自動でロービームに。対向車や先行車がいなくなったり、周囲が暗くなるとハイビームに戻ります。

踏み間違いによる急発進を抑制する、誤発進抑制機能

  • 前方に壁などがある駐車場などで、シフトをD・L(Sモード含む)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、最長約5秒間、エンジン出力を自動的に抑制。急発進・急加速による衝突回避に貢献します。

    • ブレーキをかけて車両を停止させる機能はありません。

バック時の衝突回避をサポートする、後退時ブレーキサポート

  • リヤバンパーに内蔵した4つの超音波センサーで後方の障害物との距離を測り、4段階のブザー音で接近をお知らせ。後方の障害物との衝突の可能性が高まると、自動でブレーキをかけ、衝突の回避または衝突時の被害軽減を図ります。

    • 自動(衝突被害軽減)ブレーキ機能による車両停車後は、クリープ現象により後退しますので、必ずブレーキペダルを踏んでください。

不意の後退を回避する、後方誤発進抑制機能

  • 後方に障害物があるにも関わらず、シフトをR(後退)の位置でアクセルペダルを強く踏み込むと、エンジン出力を自動的に抑制し、急な後退を防止。うっかり誤操作による衝突の回避を図ります。

    • 〈衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]・ハイビームアシスト・誤発進抑制機能・後退時ブレーキサポート・後方誤発進抑制機能について〉

    • 検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
    • 状況によっては正常に作動しない場合があります。
    • 対象物、天候状況、道路状況などの条件によっては、衝突を回避または被害を軽減できない場合があります。
    • ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行なっているときは、作動しない場合があります。
    • ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。
    • 詳しくは販売会社にお問い合わせください。
    • 〈各機能の作動条件〉

    • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]:自車速度約5km/h~約100km/hで走行中、前方の車両や歩行者を検知し、システムが衝突の可能性があると判断した場合。作動したときの速度が約5km/h~約50km/h(対象が歩行者の場合は約5km/h~約30km/h)であれば、衝突を回避できる可能性があります。周囲の環境や対象物の動きなどによっては、警報のみでブレーキが作動しない場合があります。また、警報と同時に自動(衝突被害軽減)ブレーキが作動する場合があります。
    • ハイビームアシスト:約30km/h以上で走行中、スイッチレバーのつまみを「AUTO」の位置にし、ヘッドライトが点灯した状態でレバーを車の前方向に押し、ハイビームにしているとき。
    • 誤発進抑制機能:シフトがD・L(Sモード含む)の位置で停車または徐行中(約10km/h以下)、前方約4m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。
    • 後退時ブレーキサポート:約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知し、システムが「このままでは衝突が避けられない」と判断した場合。
    • 後方誤発進抑制機能:停車または約10km/h以下で後退中、後方約3m以内に障害物を検知している状態で、アクセルペダルを強く踏み込んだ場合。

ドライバーの負担を軽減する、アダプティブクルーズコントロール
(全車速追従機能付)

  • ステアリング部のスイッチを操作すると、ステレオカメラで先行車との距離を測定。設定した車間距離を保ちながら加速・減速、さらに停止までをクルマがサポート。高速道路での長距離運転や混雑時などにおいて、運転操作の負担を軽減します。

    • 追従制御は、約40km/h未満でも作動し、停止まで継続します。
    • 追従制御中の先行車が停止すると自車も停止し、その後約2秒間でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、必ずブレーキペダルを踏んでください。
    • 道路状況および天候状況によっては、ご使用になれない場合があります。また、アダプティブクルーズコントロールの制御には限界があります。
    • 装置を過信せず、常に安全運転に努めてください。

    • ※イラストは高速道路や自動車専用道路での走行例です。

はみ出し運転を知らせる、車線逸脱警報機能

  • 走行中に左右の区画線を検知して進路を予測。前方不注意などで車線をはみ出しそうになると、ブザー音や表示などによってドライバーに注意を促します。

ふらつき運転に注意を促す、ふらつき警報機能

  • 走行中に左右の区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。車両の蛇行など、システムが「ふらつき」と判断すると、ブザー音や表示などによってドライバーに注意を促します。

発進遅れを知らせる、先行車発進お知らせ機能

  • 信号待ちなどで停車中に、先行車が発進して約4m以上離れても自車が停止し続けた場合、ブザー音や表示などによってドライバーに先行車の発進をお知らせします。

標識の見落としを防ぐ、標識認識機能

  • 走行中、ステレオカメラが認識した道路標識を、適切なタイミングでメーター内のマルチインフォメーションディスプレイやヘッドアップディスプレイ*1に表示し、ドライバーにお知らせすることで、標識の見落としを防ぎます。

  • *補助標識「終わり」を認識した場合も非表示となります。

    • 〈アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付)・車線逸脱警報機能・ふらつき警報機能・先行車発進お知らせ機能・標識認識機能について〉

    • 検知性能・制御性能には限界があります。これらの機能に頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
    • 状況によっては正常に作動しない場合があります。
    • ご注意いただきたい項目がありますので、必ず取扱説明書をお読みください。
    • 〈各機能の作動条件〉

    • アダプティブクルーズコントロール(全車速追従機能付):先行車を検知せず約40km/h以上、または先行車を検知して約1km/h以上で走行中にシステムをONにした場合。
    • 車線逸脱警報機能:約60km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、進路を予測。システムが車線をはみ出すと判断した場合。
    • ふらつき警報機能:約60km/h以上で走行中、車線の左右区画線を検知し、自車の走行パターンを計測。システムが「ふらつき」と判断した場合。
    • 先行車発進お知らせ機能:シフト位置がD・N・L(Sモード含む)の位置でブレーキ操作をして停車中、先行車が発進して4m以上離れた場合。
    • 標識認識機能:走行中にステレオカメラが最高速度、はみ出し通行禁止、一時停止、車両進入禁止、補助標識「終わり」の標識を認識した場合。