あなたの安心、
未来ドライブ
三菱e-Assist

セーフティ・サポートカー(サポカー)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。「サポカー」は、搭載機能に応じて「サポカー」「サポカー S(ベーシック、ベーシック+、ワイド)」に区分されます。

  • eKスペース カスタムは「サポカー S ワイド」対象車です。

    • eKスペース カスタムの先進安全装備
    • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
    • 踏み間違い衝突防止アシスト
    • 車線逸脱警報システム[LDW]
    • オートマチックハイビーム[AHB]

暮らしと走る軽自動車の安全な運転を、三菱e-Assistがサポートします。

  • すべてのドライバーに、どんなシーンでも安心して運転を楽しんでほしい。 だから三菱自動車は、事故を未然に防ぎ、万一の際も被害を回避・軽減するための予防安全技術を高度に磨き上げてきました。 それが「三菱e-Assist」です。「衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]」、「踏み間違い衝突防止アシスト」、「車線逸脱警報システム[LDW]」、そして「オートマチックハイビーム[AHB]」を採用。

    • Photo(左から): カスタム T e-Assist 2WD ● ボディカラー : チタニウムグレーメタリック、T Safety Package 2WD ● ボディカラー : ウォーターブルーメタリック、カスタム T e-Assist 2WD ● ボディカラー : ホワイトパール(有料色)、 T Safety Package 2WD ● ボディカラー : コーラルピンクメタリック、カスタム T e-Assist 2WD ● ボディカラー : パープリッシュネイビーパール(有料色)
    • Photo(上から): T Safety Package 2WD ● ボディカラー : ウォーターブルーメタリック、カスタム T e-Assist 2WD ● ボディカラー : ホワイトパール(有料色)、カスタム T e-Assist 2WD ● ボディカラー : チタニウムグレーメタリック、カスタム T e-Assist 2WD ● ボディカラー : パープリッシュネイビーパール(有料色)、T Safety Package 2WD ● ボディカラー : コーラルピンクメタリック
  • 目の前の歩行者やクルマと衝突しそうになった!
    そんなときにサポートするのが

    1 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

    前方の車両や歩行者と衝突の危険があると判断したときに、警報ブザーとメーター表示で注意を促し、ブレーキを制御して衝突回避または衝突被害の軽減をアシストするシステムです。

  • 駐車場にバックで入れようとしたとき、アクセルペダルを必要以上に踏みすぎてしまった!
    そんなときにサポートするのが

    2 踏み間違い衝突防止アシスト

    踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだとき、警報ブザーとメーター表示で注意を促します。さらにエンジン出力やブレーキを制御することで衝突被害の軽減をアシストします。

  • ロングドライブで疲れたとき、車線をはみ出しそうになった!
    そんなときにサポートするのが

    3 車線逸脱警報システム[LDW]

    例えば高速道路などで、車線を外れそうになると、警報ブザーとメーター表示で注意を促します。

  • 夜間ハイビームを使いたいけれど、いちいち切り替えるのは煩わしい!
    そんなときにサポートするのが

    4 オートマチックハイビーム[AHB]

    先行車や対向車、道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを切り替えることにより、遠方視認性を高めるとともに、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減します。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

  • フロントカメラにより、前方車両や歩行者を検知。衝突の危険があると判断したときに、警報ブザーとメーター表示で注意を促し、ブレーキを制御して衝突回避または衝突被害の軽減をアシストします。

    FCM = Forward Collision Mitigation system

  • 衝突の危険があるとき警報

  • 衝突の危険が高いとき警報+衝突被害軽減ブレーキ

  • 衝突の危険が極めて高いとき警報+強い衝突被害軽減ブレーキ

    • 衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約10km/h~80km/h、歩行者に対しては自車速が約10km/h~60km/hのときに作動します。
    • 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。
    • ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。
  • 衝突被害軽減ブレーキ

    • 衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度とは、運転者の安全運転を支援する機能を備えた「安全運転サポート車(サポカー/サポカー S)」の普及啓発の一環として、走行中または停止中の車両に対する衝突被害軽減ブレーキ等が一定の性能を有していることを国土交通省が認定する制度です。
    • eKスペース カスタムは全車「衝突被害軽減ブレーキ(AEBS)認定制度」認定車です。
    • AEBS = Advanced Emergency Braking System

踏み間違い衝突防止アシスト

  • フロントカメラおよびフロント/リヤバンパーにそれぞれ搭載されたソナーにより、進行方向に車両や歩行者*1、壁等の障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合、警報ブザーとメーター表示で注意を促します。さらにエンジン出力やブレーキを制御することで過度な加速を抑え、発進をゆるやかにして衝突被害の軽減をアシストします。

    • *1 : 車両、歩行者検知は前進時のみとなります。
    • *2 : 他メーカーにも同じ装備があります(同時発売)。2018年5月現在 自社調べ。
    • エンジン出力抑制は、約6秒間作動します。前進時、車両、歩行者に対しては、車速約0km/h~25km/hの範囲で作動します。前進時、後退時とも、壁などの障害物に対しては、車速約0km/h~15km/hの範囲で作動します。
    • エンジン出力制御に加え、ブレーキ制御が車速約2km/h~15km/hの範囲で作動します。
    • ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

車線逸脱警報システム[LDW]

  • フロントカメラにより、前方の車線位置を監視。車線を外れそうになると警報ブザーとメーター表示で注意を促します。

    LDW = Lane Departure Warning

    • 車速約60km/h以上で作動します。
    • ターンレバーをONからOFFにした後、約2秒間はLDWの作動を停止します。
    • 狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。
  • オートマチックハイビーム[AHB]

  • フロントカメラにより、先行車、対向車のランプや街路灯などの道路周辺の明るさを検知して、ハイビームとロービームを切り替え。自動的にハイビームに切り替えるため、遠方視認性を高めるとともに、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減することができます。

    AHB = Automatic High Beam

    • 約25km/h以上で作動します。
    • 道路状況および天候状態などによっては、ご利用になれない場合があります。
    • FCM、踏み間違い衝突防止アシスト、LDWは、対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。
    • FCMは、車両と歩行者を制御対象としていますが、条件によってはシステムが認識できない場合があります。
    • 踏み間違い衝突防止アシストは、車両と歩行者、障害物を制御対象としていますが、条件によってはシステムが認識できない場合があります。
    • FCM、踏み間違い衝突防止アシスト、LDWは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。