乗る人みんなが安心できる、
万全の安全を目指して。

夜間の視認性を向上。LEDヘッドライト(ハイ / ロービーム、光軸調整機構付) 【標準装備】BLACK Edition、G

  • ヘッドライトは、ハイビーム、ロービームともにLEDヘッドライトを採用しました。前方を明るく照らし夜間の視認性を高め、省電力にも寄与します。

日中での高い被視認性を実現。LEDデイタイムランニングランプ[DRL] 【標準装備】BLACK Edition、G

  • ヘッドライトと一体型のデイタイムランニングランプを採用。光量の高いデイライトによって、日中の被視認性が向上します。

    DRL = Daytime Running Lamps

周囲からの被視認性を強化。LEDリヤコンビネーションランプ

  • 均一に光る面発光タイプを採用することで、周囲からの被視認性をよりいっそう高めました。

しっかりとホールドし、安全をサポート。3点式ELR付シートベルト

  • 衝突時など強い衝撃を受けると、プリテンショナーがシートベルトを瞬時に巻き上げ乗員をしっかり拘束。ベルトに一定以上の力が加わるとフォースリミッターが作動。乗員の胸部にかかる負担を緩和します。

    *運転席:ダブルプリテンショナー機構 / 助手席:プリテンショナー機構 / リヤ:全席3点式ELR付
    *前面衝突時の衝撃が弱い場合、プリテンショナー機構は作動しません。

後続車へ急ブレーキを知らせ、注意を促す。エマージェンシーストップシグナルシステム[ESS]

  • 急ブレーキ時またはABS作動時に、ハザードランプが通常の約2倍の速さで点滅。後続車に注意を促します。

    ESS = Emergency Stop signal System

雨量に合わせて自動的に作動。雨滴感応オートワイパー

  • フロントウインドシールドのガラス表面の雨滴をレインセンサーが感知し、雨量に合わせてワイパーが自動作動。また、レバーがAUTOの位置のときに、ノブを回すとレインセンサーの感度を調整できます。

歩行者と接触の際に、衝突エネルギーを吸収。歩行者傷害軽減ボディ

  • エンジンフードなどに歩行者の頭部を保護する衝撃吸収構造を採用しています。さらに、バンパー内部に歩行者脚部の傷害を低減する構造を取り入れています。

万一の際に首などへの負担を低減。頸部衝撃低減フロントシート

  • ヘッドレストの位置およびシートバックの変形特性の適正化により、後方からの車両衝突時の頸部への衝撃を低減します。

全方位で高い衝突安全性能を確保。衝突安全強化ボディ RISE(ライズ)

  • 三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ RISE。客室保全環状構造や、高張力鋼板によるボディ全体の高強度化により、全方位の高い衝突安全性能を実現しています。

    RISE = Reinforced Impact Safety Evolution

坂道発進の安全・安心をサポート。ヒルスタートアシスト[HSA]

  • 傾斜を車両が感知し、坂道発進の際に車両のずり下がりを約2秒間抑制。坂道で、後続車との車間距離が詰まっている場合でも、ブレーキペダルからアクセルペダルへの踏み替えが安心して行えます。

    HSA = Hill Start Assist

    • ヒルスタートアシストは、あくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。道路状況にあった安全運転をお願いします。

急ブレーキ時のタイヤロック防止を支援。ABS(EBD付)

  • 急ブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、車両の安定性を保ち、ハンドル操作による障害物の回避の可能性を高めます。乗員や積載量に応じて前後輪のブレーキ力を最適に調整し、最大限のブレーキ力を確保するEBDも搭載しています。

    ABS = Anti-lock Brake System
    EBD = Electronic Brake-force Distribution(電子制御制動力配分装置)

    • ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。ABS非装着車と同様に、カーブ等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

横滑りを抑制して、優れた走行安定性を提供。アクティブスタビリティコントロール[ASC]

  • 横滑りを抑える「スタビリティコントロール機能」と、発進時の空転を防止する「トラクションコントロール機能」が、安定した走行をサポートします。

    ASC = Active Stability Control

    • ASCは、あくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。カーブ等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

万一の際に乗員の被害軽減を図る。SRSエアバッグ 運転席&助手席SRSエアバッグ【標準装備】全車
SRSサイド&カーテンエアバッグ【メーカーオプション】G、M

  • 運転席&助手席SRSエアバッグを全車に標準装備。さらにSRSサイド&カーテンエアバッグをGとMにメーカーオプションで設定し、安全性を高めています。

    SRS = Supplemental Restraint System(シートベルトを補助する乗員保護装置)

    • SRSエアバッグシステムは、前方向(運転席用/助手席用)または横方向(サイド/カーテン)からの、設定以上の衝撃を感知したときのみ作動します。後方向からの衝撃には作動しません。SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
      *SRSサイド&カーテンエアバッグは寒冷地仕様[スタートアップヒーター]とセットでメーカーオプションとなります。
      *SRSサイド&カーテンエアバッグと運転席アシストグリップはセットオプションとなります。また後席アシストグリップは非装着となります。

ワンタッチ操作で自動開閉。全席パワーウインドウ(運転席セーフティ機構付ワンタッチ式)

  • ウインドウ開閉をワンタッチ操作。運転席はパワーウインドウ上昇時に腕などが挟まったことを感知するとウインドウが停止し下降します。

    *ガラスを確実に閉めるために、セーフティ機構は閉め切り直前では働きません。指などをはさまないようご注意ください。

    • 写真、イラストはイメージです。