先を見通す、
先進のセーフティ
がある。

アウトランダーは、「サポカーSワイド」対象車です。

  • サポカーS
  • セーフティ・サポートカーSワイド(サポカーSワイド)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

    アウトランダーの先進安全装備

    ● 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
    ● 誤発進抑制機能(前進&後退時)
    ● 車線逸脱警報システム[LDW]
    ● オートマチックハイビーム[AHB]
    [全車標準装備] サポカーについて詳しくはこちら

「あなたの安心、未来ドライブ」三菱e-Assist

  • 事故の危険を検知してお知らせ。さらに被害を予防・回避・軽減できるようアシスト。
    三菱e-Assistはできる限り事故被害を減らし、安全な運転をサポートするためのテクノロジーです。

衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]

【標準装備】全グレード

  • レーザーレーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者との距離や相対速度を監視。衝突する危険性があると判断した時に、警報ブザーやインフォメーション画面表示で注意を促し、ブレーキ制御を自動的に作動させて衝突回避または衝突被害の軽減をアシストします。
    A 衝突の危険を検知した場合は、警報ブザーと警告表示でブレーキペダル操作を促します。
    B 衝突の危険性が高いと判断した場合は、ブレーキ制御を自動的に作動させて減速し衝突の回避をアシストします。
    C 衝突が避けられないと判断した場合は、ブレーキ制御を自動的に作動させて衝突被害の軽減をアシストします。 FCM=Forward Collision Mitigation system
  • ● 衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約5~80㎞/h以上、歩行者に対しては自車速が約5~65㎞/hのときに作動します。
    ● 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。
    ● ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

レーダークルーズコントロールシステム[ACC]

【24G Plus Package、24G、20G Plus Package、20G】

  • 電波式レーダーで認識した先行車の加速・減速・停止に対応して追従走行をサポート。3段階から任意に設定した車間距離を保ちながら、任意に設定した速度を上限に走行します。発進・停止を繰り返す状況でドライバーの負担を軽減します。ACC=Adaptive Cruise Control
  • ● 先行車追従機能は、約40km/h未満でも作動し、先行車がいなくなった場合、設定速度まで加速します。
    ● 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。

オートマチックハイビーム[AHB]

【標準装備】全グレード

  • 周囲の明るさや対向車を検知し、状況に合わせて、自動的にハイビームとロービームを切り替えることにより、遠方視認性を高めるとともに、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減します。 AHB=Automatic High Beam
  • ハイビーム

    街灯がないなど、ハイビームがふさわしいと判断した場合、自動でハイビームを点灯します。

    ロービーム

    対向車や先行車のライトや街灯などを検知すると、自動でロービームに切り替えます。

  • ● 道路状況および天候状態などによっては、ご利用になれない場合があります。

車線逸脱警報システム[LDW]

【標準装備】全グレード

  • フロントガラス上方に装着したカメラにより、前方の車線位置を監視。車線を外れそうになると、警報ブザーとインフォメーション画面表示でドライバーに注意を促します。 LDW=Lane Departure Warning
警告画面

● 車速約60km/h以上で作動します。
● ターンレバーをONからOFFにした後、約7秒間はLDWの作動を停止します。
● 狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。

● FCM、LDW、ACCは対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。
● FCMは、前方車両と歩行者に対して作動します。二輪車などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。
● ACCは、先行車両に対して作動します。二輪車・歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。
● FCM、LDW、ACCは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

後側方車両検知警報システム(レーンチェンジアシスト機能付)[BSW/LCA]

【メーカーセットオプション】24G Plus Package、24G、20G Plus Package、20G

  • リヤの電波式レーダーが死角になりやすい斜め後方・隣レーン後方からの接近車両を検知し、ドアミラーインジケーターの点灯で存在を告知。その状態で車両のいる方向にウインカーを出すと警報ブザーとドアミラーインジケーターの点滅でより強く注意を促します。 BSW=Blind Spot Warning/LCA=Lane Change Assist

● 前進時、車速約10km/h以上で作動します。
● BSW/LCAは、あくまでもドライバーの運転操作や視界を補助するためのシステムです。車線変更をする際には、非装着車と同様に、必ずドライバー自身が周囲の安全確認や状況確認を行ってください。

後退時車両検知警報システム[RCTA]

【メーカーセットオプション】24G Plus Package、24G、20G Plus Package、20G

  • リヤの電波式レーダーにより、死角になりやすい斜め後方の車両を検知。駐車場などで後退して出庫する際に接近車両を検知すると、警報ブザー、インフォメーション画面表示、ドアミラーインジケーターの点滅で注意を促します。 RCTA=Rear Cross Traffic Alert
  • ● Rレンジをセレクトし、車速0~約18km/h、接近車両の速度約7km/h以上で作動します。
    ● RCTAは、あくまでもドライバーの運転操作や視界を補助するためのシステムです。後退出庫をする際には、非装着車と同様に、必ずドライバー自身が周囲の安全確認や状況確認を行ってください。

誤発進抑制機能(前進&後退時)

【標準装備】全グレード

  • フロント/リヤバンパーに搭載の超音波センサーが進行方向に障害物を検知している状態で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合、警報ブザーとインフォメーションディスプレイ画面表示で注意を促すとともにエンジン出力を抑制。前進時および後退時のシフトやペダルの操作ミスによる急発進を抑え、発進をゆるやかにして衝突被害を軽減します。 UMS=Ultrasonic misacceleration Mitigation System
  • ● 停車状態~約10km/hで作動します。
    ● 網目状のフェンスや鋭角的な形状のものなど、超音波が反射しにくいものに対しては作動しない場合があります。
    ● 誤発進抑制機能は、車両の停止状態を保持する機能はありませんので、周囲の状況に応じてブレーキペダルを踏んでください。
    ● 詳しくは営業スタッフにおたずねください。

マルチアラウンドモニター

【標準装備】24G Plus Package、24G、20G Plus Package、20G

  • 4つのカメラで車両の前後左右方向の映像を映して、スマートフォン連携ナビゲーションまたはルームミラーのモニター画面に表示。死角になりがちな周囲の安全確認をサポートすることができます。視界が悪い交差点や狭い路地の運転も安心です。さらに、真上から見下ろしている感覚で周囲を確認できる機能も搭載しているので車庫入れをスムーズにサポートします。
    • 視野範囲イメージ
  • ● 視野範囲はイメージです。実際の視野範囲とは異なる場合があります。
    ● マルチアラウンドモニターは、あくまでドライバーの運転操作や視界を補う機構です。安全の確認や周囲の状況確認は、必ずドライバー本人が行いながら十分に注意して運転してください。
    ● スマートフォン連携ナビゲーション装着車の場合、カメラ映像はモニター画面に表示され、操作はステアリングカメラスイッチで行います。スマートフォン連携ナビゲーション非装着車の場合、カメラ映像はルームミラー内の画面に表示され、操作はミラースイッチで行います。

● BSW/LCA、RCTA、誤発進抑制機能は、対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。
● BSW/LCA、RCTAは、後側方車両に対して作動します。小型の二輪車・歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。
● 誤発進制御機能は、進行方向の障害物を検知している場合に作動します。二輪車・歩行者などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。
● BSW/LCA、RCTA、誤発進抑制機能は、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。

7つのSRSエアバッグ

  • 各エアバッグ展開イメージ
  • 運転席&助手席SRSエアバッグ、運転席SRSニーエアバッグ、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグという、合計7つのエアバッグすべてを全車に標準装備し、安全性を高めました。 SRS=Supplemental Restraint System(シートベルトを補助する乗員保護装置)
  • ● SRSエアバッグシステムは、前方向(運転席用/助手席用/運転席ニーエアバッグ)または横方向(サイド/カーテン)からの、設定以上の衝撃を感知したときのみ作動します。後方向からの衝撃には作動しません。SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

ヒルスタートアシスト

  • 傾斜を車両が感知し、坂道発進の際に車両のずり下がりを約2秒間抑制。坂道で、後続車との車間距離が詰まっている場合でも、ブレーキペダルからアクセルペダルへの踏み替えが安心して行えます。
  • ● ヒルスタートアシストは、あくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。道路状況にあった安全運転をお願いします。

衝突安全強化ボディ RISE(ライズ)

  • 三菱自動車独自の衝突安全強化ボディ RISE。高エネルギー吸収構造と高耐力キャビン構造で、全方向の高い衝突安全性を確保します。 RISE=Reinforced Impact Safety Evolution

ボディ剛性の強化

  • ボディパネル間に構造用接着剤を使用し、接合面積を増やすことで、ボディ剛性を強化。走りの基本性能を支えるボディ剛性を高めることで、操縦安定性を向上させました。
  • 構造用接着剤

頭部衝撃緩和インテリア

  • 衝突時に頭部がぶつかりやすいピラーなどに、衝撃を緩和する構造のインテリアを採用しています。

エマージェンシーストップシグナルシステム

  • 急ブレーキをかけた時やABSが作動した時、自動でハザードランプが高速点滅。追突しないよう後続車に注意を促します。

雨滴感応オートワイパー

  • フロントウインドシールドのガラス表面の雨滴を検出し、雨量に合わせて間欠作動をおこなうほか、LO/HIのワイパー速度を自動で切り換えます(雨量の検出感度をコラムスイッチのダイヤルで変更できます)。

自動防眩ルームミラー

  • 後続車のライトを感知すると、ミラーの反射率を無段階でコントロールして眩しさを防ぎ、安全運転をサポートします。

電動パーキングブレーキ

  • スイッチを引き上げることでパーキングブレーキが作動し、押すことで解除できる電動パーキングブレーキ。解除をする場合は、ブレーキペダルを踏んでいるか、シフトポジションが「P」にあるとき以外は行えないので、誤操作もなく安心です。

    ブレーキオートホールド

    ブレーキオートホールドスイッチをONにしておくと、ブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持することができます。信号待ちや渋滞時などにブレーキペダルを踏み続ける必要はありません。アクセルペダルを踏むだけで自動解除できます。