アウトランダーPHEV

オーナーズインタビューNO. 001

ムダの無い走りと高い性能
乗るたびに感動を覚えるクルマです

ケロパパ夫婦さん(50代)

スターキャンプのお目当ては試乗体験
愛車の性能を再確認させていただきます!

今回スターキャンプ初参加ですが、ワークショップやイベントスペースがいろいろあって楽しみですね。なかでもお目当てはやっぱり試乗体験。仕事の都合で山道を走ることが多く、悪路でもストレスなくスムーズに走行できるというのは十分わかってはいるんですけど、クルマ好きとしてはもっと激しいコースを走って、自分の愛車(アウトランダーPHEV)がどれほどのポテンシャルを持っているのかを確かめてみたいんですよ。それに、専門家の説明を聞きながら、オフロードを走って性能を体感するのってめったにできないじゃないですか。運転の幅が広がれば行きたいところも自然と増えますし、安心安全のもと妻をいろんなところに連れて行ってあげられるじゃないですか。なんて言うとちょっと照れますね(笑)。

走りだけでなく経済的にも“安心”がある
PHEVはまさに時代に合ったクルマ

PHEVを購入してからというもの、“ムダの無さ”を実感していますね。走行中の給電しかり、EV走行でのクリーンな走りといい、時代にフィットしているというか。だからといって他の性能が劣っているかというとそうではない。アクセルやブレーキ、ハンドルの俊敏性、そしてカーブでの旋回能力が高く、ハンドルを握っていて安定感をすごく感じますね。もうひとつ走りの部分で思い出すのは、雪道ですね。力強い駆動力による加速はもちろん、コーナリングは雪道とは思えないほど滑らか。路面状況により回生ブレーキのレベルを操作できるので足元が不安定でも安心して運転ができます。以前乗っていたクルマで大雪に見舞われたとき、自宅に帰れないことがありましたが、PHEVに買い替えてからは、雪もまったく怖くない。むしろ走りたいくらいですよ(笑)。

ポテンシャルは想像以上!
さすがの走りと安全性に大興奮

4WD体感キット、林道コースを試乗しましたが、正直興奮しています(笑)。45度の傾斜をものともせずに登っていくデリカD:5の圧倒的パワー。驚くほどのトルク、そして何よりあの急角度で踏ん張れるのがすごいですね。林道コースでは期待していたPHEVのポテンシャルが見えました。かなりアップダウンの激しい道だったので身構えていましたが、乗っているとアレッ? という感覚。もっと体を持っていかれるかなと思いきや、さすがの乗り心地。妻も涼しい顔をしていました(笑)。通り過ぎたポイントを振り返り、急な下り道だったんだなと、改めて驚いたくらいです。もっといろんな場面を走ってみたい。そう思わせてくれる体験でした。

page top