AEBSとは、国土交通省認定の衝突被害軽減ブレーキ認定制度です。

※AEBS = Advanced Emergency Braking Systemの略称

AEBSには
大きく2つの種類があります。

車両検知機能を搭載した自動車が認定を受けるAEBSに加えて、
歩行者検知機能も搭載している自動車が認定を受けるAEBS2の2種類があります。

AEBS2
AEBS

車両検知

  • 1.静止している前方車両に対して50km/hで接近した際に、衝突しない又は衝突時の速度が20km/h以下となること。
  • 2.20km/hで走行する前方車両に対して50km/hで接近した際に、衝突しないこと。
  • 3.1及び2において、衝突被害軽減ブレーキが作動する少なくとも0.8秒前に、運転者に衝突回避操作を促すための警報が作動すること。

歩行者検知

  • 4.前方を横断する障害物に対して20km/hで接近した際に、衝突しないこと。
  • 5.4において、衝突被害軽減ブレーキが作動する前までに、運転者に衝突回避操作を促すための警報が作動すること。

認定を支える
三菱自動車の先進技術

あなたの安心安全なカーライフをサポートする!衝突被害軽減ブレーキシステム【FCM】

レーザーレーダーとカメラを用いて前方の車両や歩行者との距離や相対速度を監視します。衝突する危険性があると判断した時に、
警報ブザーやインフォメーション画面表示などで注意を促し、ブレーキ制御を自動的に作動させて衝突回避または衝突被害の軽減をアシストします。

  • ●アウトランダーPHEV/アウトランダーの一例です。
  • 各機能は車種、仕様により異なります。詳しくは車種ページをご確認ください。
  • *1 FCM:Forward Collision Mitigation system
  • *2 衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約5~80km/h、歩行者に対しては自車速が約5~65km/hのときに作動します。
  • *3 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキを踏んでください。
  • *4 ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っている時は、作動しない場合があります。
「安全運転サポート車(サポカー/サポカーS)」の
詳細はこちら >

「対車両衝突被害軽減ブレーキシステム」の
詳細はこちら

「対歩行者衝突被害軽減ブレーキシステム」の
詳細はこちら
先進安全技術性能
認定制度TOPページへ戻る