環境仕様

車両仕様 車名・型式 三菱・5BA-GK1W 三菱・5LA-GL3W
駆動方式 ガソリンモデル PHEVモデル
2WD 4WD 4WD
類別 XTMX XTHX XTPX XTMXZ XTHXZ XTPXZ XDMHZ XDHHZ XDPHZ
M G G Plus
Package
M G G Plus
Package
M G P
  エンジン型式 4B40
(直噴MIVEC インタークーラー付ターボチャージャー)
4B12 MIVEC
変速機形式 INVECS-III 8速スポーツモードCVT -
排出ガス 適合規制または適合基準 平成30年基準排出ガス50%低減レベル 平成30年基準排出
ガス50%低減レベル
規制値または基準値
(WLTCモード走行)
NOx(g/km) 0.025 0.025
NMHC(g/km) 0.05 0.05
CO(g/km) 1.15 1.15
燃料消費率
燃費(国土交通省審査値)*2(km/L) 15.0 14.0 18.6
CO2排出量(燃費換算)(g/km) 155 166 125
燃料消費率
燃費(国土交通省審査値)*2*3

WLTCモード(km/L)

13.4 12.4 16.4

市街地モード(km/L)

10.6 9.8 15.7

郊外モード(km/L)

13.8 12.6 16.8

高速道路モード(km/L)

14.8 13.8 16.5
CO2排出量 WLTCモード平均(燃費換算)(g/km) 173 187 142
主要燃費向上対策 筒内直接燃料噴射、可変バルブタイミング機構、
アイドリングストップ装置、自動無段変速機、
電動パワーステアリング
可変バルブ
タイミング機構、
アイドリング
ストップ装置、
プラグイン
ハイブリッドシステム、
電動パワーステアリング
参考 平成27年度燃費基準 達成 達成 達成 - +5%達成 +5%達成 -
温室効果ガス HFO-1234y(f GWP値:1)*4エアコン冷媒の使用量(g) 450 515
車室内VOC 自工会目標達成
(厚生労働省室内濃度指針値*5以下)
自工会目標達成
(厚生労働省室内
濃度指針値*5以下)
車外騒音 適合規制 平成28年騒音規制(M1A2A)適合 平成28年騒音規制
(M1A2A)適合
加速走行騒音(適合規制値)(dB-A) 70 70
環境負荷物質削減 自工会2006年目標達成(1996年比1/10以下) 自工会2006年目標達成
(1996年比1/10以下)
水銀*6 自工会目標達成(2005年1月以降使用禁止) 自工会目標達成
(2005年1月以降使用禁止)
カドミウム 自工会目標達成(2007年1月以降使用禁止) 自工会目標達成
(2007年1月以降使用禁止)
六価クロム 自工会目標達成(2008年1月以降使用禁止) 自工会目標達成
(2008年1月以降使用禁止)
リサイクル関係 リサイクルしやすい材料を使用した部品 バンパー、インパネ、ドアトリム類など バンパー、インパネ、
ドアトリム類など
樹脂・ゴム部品への材料表示 あり あり
リサイクル材の使用 ダッシュパネルやルーフの吸音材、
オイルレベルゲージなど
ダッシュパネルや
ルーフの吸音材、
オイルレベルゲージなど
環境負荷物質
使用状況等
電子基板、電子部品のはんだ、
銅およびアルミ合金材に使用
電子基板、
電子部品のはんだ、
銅およびアルミ
合金材に使用
水銀、カドミウム、六価クロム - -
グリーン購入法 - 適合
  • 仕様変更は発表なく実施することがあります。なお、本仕様は道路運送車両法による自動車型式指定申請書数値です。
  • *1 メーカーオプションの本革シート装着車、ミツビシパワーサウンドシステム装着車、電気温水式ヒーター装着車、100V AC電源装着車は、それぞれ+10kg、電動パノラマサンルーフ装着車は+30kg。
  • *2 〈ガソリンモデル〉燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。〈PHEVモデル〉燃料消費率やEV走行距離および電力消費率は、定められた試験条件のもとでの値です。実際にはお客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は大きく異なります。とくに1日当たりの走行距離、バッテリーの充電状態、エアコン使用による影響を大きく受けます。
  • *3 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定したモードです。郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定したモードです。高速道路モード:高速道路等での走行を想定したモードです。
  • *4 GWP:Global Warming Potentia(l 地球温暖化係数)フロン法において、カーエアコン冷媒は、2023年度までにGWP値150以下(対象の乗用車における国内向け年間出荷台数の加重平均値)にすることが求められております。
  • *5 厚生労働省が2002年1月に定めた指定物質で自動車に関する物質の指針値。
  • *6 ナビゲーション等の液晶ディスプレイ、コンビネーションメーター、ディスチャージヘッドランプ、室内蛍光灯(交通安全上必須な部品の極微量使用を除外)。
  • kW(キロワット)、N・m(ニュートンメートル)、Wh(ワットアワー)はSI (国際単位系)に準拠した表示です。
  • 製造事業者:三菱自動車工業株式会社