環境仕様

車両仕様 車名・型式 三菱・5AA-B34A 三菱・4AA-B35A 三菱・5AA-B37A 三菱・4AA-B38A
駆動方式 2WD 4WD
類別 HXTCG HXTDG HXTHZ HXTCGZ HXTDGZ HXTHZZ
M G T M G T
  エンジン型式 BR06 BR06
インタークーラー付
ターボチャージャー
BR06 BR06
インタークーラー付
ターボチャージャー
変速機形式 CVT
排出ガス 適合規制または適合基準 平成30年基準排出ガス
50%低減レベル
平成30年基準排出ガス
25%低減レベル
平成30年基準排出ガス
50%低減レベル
平成30年基準排出ガス
25%低減レベル
規制値または基準値
(WLTCモード走行)
NOx(g/km) 0.025 0.038 0.025 0.038
NMHC(g/km) 0.05 0.075 0.05 0.075
CO(g/km) 1.15
燃料消費率
燃費(国土交通省審査値)*1(km/L) 27.2 23.8*2 22.4 21.2
CO2排出量(燃費換算)(g/km) 85 98*3 104 110
燃料消費率
燃費(国土交通省審査値)*1 *4

WLTCモード(km/L)

20.8 18.8 18.2 16.4

市街地モード(km/L)

18.5 16.7 17.3 15.2

郊外モード(km/L)

22.3 20.0 19.2 17.2

高速道路モード(km/L)

21.0 19.1 18.0 16.5
CO2排出量 WLTCモード(燃費換算)(g/km) 112 123 128 142
主要燃費向上対策 自動無段変速機・電動パワーステアリング・アイドリングストップ装置・可変バルブタイミング機構・ハイブリッドシステム・バッテリーアシストシステム・充電制御
参考 2020年度燃費基準 +10%達成 達成*5 -
温室効果ガス HFO-1234yf[GWP値:1]*6:エアコン冷媒の使用量(g) 350
車室内VOC 自工会目標達成(厚生労働省室内濃度指針値*7以下)
車外騒音 適合規制 平成28年規制(M1A1A)
加速走行騒音(適合規制値)(dB-A) 72
環境負荷物質削減 *8 自工会2006年目標達成(1996年平均使用量の1/10)
水銀*9 自工会目標達成(2005年1月以降使用禁止)
カドミウム 自工会目標達成(2007年1月以降使用禁止)
六価クロム 自工会目標達成(2008年1月以降使用禁止)
リサイクル関係 リサイクルしやすい材料を使用した部品 バンパー、インストルメントパネル、ピラーガーニッシュ、エンジンアンダーカバー 等
樹脂・ゴム部品への材料表示 あり
リサイクル可能率 95%以上*10
環境負荷物質
使用状況等
電子基板、電気部品のはんだ、圧電素子等(PZTセンサー)
水銀 全廃済み
カドミウム -
六価クロム -
グリーン購入法 適合 -
  • *1 燃料消費率は、定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進・エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • *2 メーカーオプションの装着によって車両重量が980kg以上となった場合22.6km/Lとなります。
  • *3 メーカーオプションの装着によって車両重量が980kg以上となった場合103g/kmとなります。
  • *4 WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定したモードです。郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定したモードです。高速道路モード:高速道路等での走行を想定したモードです。
  • *5 メーカーオプションの装着によって車両重量が980kg以上となった場合、未達成となります。
  • *6 GWP=Global Warming Potential(地球温暖化係数)フロン法において、カーエアコン冷媒は、2023年度までにGWP値150以下(対象の乗用車における国内向け年間出荷台数の加重平均値)にすることが求められております。
  • *7 厚生労働省が2002年1月に定めた指定物質で自動車に関する物質の指針値。
  • *8 鉛バッテリー(リサイクル回収ルートが確立されているため除外)
  • *9 ナビゲーション等の液晶ディスプレイ、コンビネーションメーター、ディスチャージヘッドランプ、室内蛍光灯(交通安全上必須な部品の極微量使用を除外)
  • *10 ISO規格(22628:2002:AnnexA)に基づき算出。「自工会方式に対し、リユースされる対象部品が、あらかじめ規定されており、材料リサイクル対象をその材料種別でとりきめているグローバル標準方式」