• トップ
  • グレード / 価格
  • 外観 / 内装
  • 走行性能
  • 安全 / 環境
  • 搭載装備
  • オプション /アクセサリー
  • スペック

安全 / 環境 安全 / 環境

安全性

パッシブセーフティ

乗員の安全を守るエアバッグやシートベルトを装備し、万一の際に被害を最小限に抑えます。

運転席&助手席SRSエアバッグ

万一の際の衝突安全性をさらに高めるため、運転席&助手席SRSエアバッグを全車に標準装備。シートベルトの働きを補助して、さらに高い安全性を発揮します。

●運転席&助手席SRSエアバッグ:SRSエアバッグは、横方向や後方向からの衝撃には作動しません。前方向からの設定以上の衝撃を感知したときのみ作動します。SRSエアバッグはあくまでシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。
SRS = Supplemental Restraint System

フロント3点式ELR付シートベルト(プリテンショナー&フォースリミッター付)

前面衝突時、プリテンショナーが瞬時にシートベルトを巻き上げ、乗員をしっかり拘束。さらに、一定以上の力が加わるとフォースリミッターが乗員の胸部にかかる負担をやわらげます。

リヤ3点式ELR付シートベルト(4シーターに標準装備)

リヤシートベルトには、緊急時にベルトをロックして体を拘束するELR機構を採用しています。

衝突安全強化ボディ・RISE(ライズ)

国内衝突安全基準(50km/h前面・後面衝突)はもちろん、三菱自動車独自のさらに厳しい社内基準(55km/h前面・後面衝突、 64km/hオフセット前面衝突)もクリア。高い安全性を確保しています。

RISE=Reinforced Impact Safety Evolution

アクティブセーフティ

ABSやTCLなど、危険を避けるための装備も充実しています。

ABS(アンチロックブレーキシステム)

急ブレーキ時や滑りやすい路面での制動時にタイヤがロックするのを防止して、安定した車体姿勢と操縦性を確保します。

●ABSは、あくまでドライバーのブレーキ操作を補助するシステムです。したがって、ABS非装着車と同様に、カーブ等の手前では充分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。
ABS = Anti-lock Brake System

トラクションコントロール(TCL)

駆動時のTCL制御では、従来のエンジン車同様に、タイヤの過度なスリップを抑え、スムーズな発進を実現します。さらに駆動時だけでなく、回生ブレーキ機能を働かせた減速時も、TCL制御により車両の安定性低下を防ぎます。

ダイヤル式マニュアルヘッドライトレべリングスイッチ

積荷などで変化する車体姿勢に合わせて、ヘッドライトの光軸を調整でき、対向車や前走車の眩惑を防止します。

高減速度回生ブレーキ時ストップランプ点灯機能

アクセルオフによる回生ブレーキ作動時に車両が強く減速した場合、ブレーキペダルを踏んでいなくてもストップランプが自動的に点灯し、後続車に急減速中であることを伝えます。
(回生ブレーキ:「走行性能」 参照)