What’s 軽 EV? ワカラナイをなるほど!に。What’s 軽 EV? ワカラナイをなるほど!に。

軽EVって何?ガソリンはいらないの?軽EVの気になるあれこれが分かるQ&Aページです。

  • 気になる軽EVの
    ことを
    Q&A形式で
    お答えします!

  • 180km
    (片道90km)って
    どこまで行けるの?

  • 三菱自動車って
    EVに強いの?

  • 電気代と
    ガソリンの
    コストの
    差はどれくらい?

気になる軽EVのことをQ&A形式でお答えします!

  • EVって高そうなイメージだけどどうなの?
  • 軽EVの特長は?
  • 軽EVって特別なメンテナンスが必要なの?
  • 1回の充電で走れる距離は?
  • 残り何キロ走れるか確認できるの?
  • 環境に配慮しているから、補助金はあるの?
  • 充電時間ってどれぐらい?
  • 1回の充電にかかる電気代は?
  • モーターってパワーないんじゃない?坂道とか大丈夫?
  • 充電ステーションってどれぐらいあるの?
  • モーター駆動って、どれぐらい静かなの?
  • 軽EVから電気は取り出せる?どれぐらい使えるの?
  • スマホでクルマの操作ができるの?
  • もっと詳しいeK X EVの機能を知りたい方はこちら

フル充電でどのくらいまで行けるの?等、気になりそうなポイントを分かりやすく解説していきます。フル充電でどのくらいまで行けるの?等、気になりそうなポイントを分かりやすく解説していきます。

180km(片道90km)ってどこまで行けるの?

以下より90kmで行ける範囲をご覧頂けます。以下より90kmで行ける範囲をご覧頂けます。

  • 東京の場合

  • 札幌の場合

  • 名古屋の場合

  • 大阪の場合

  • 福岡の場合

青円で示しているのはおおよその距離であり、厳密に示したものではございません。一充電走行距離*2(WLTCモード) (国土交通省審査値)一充電走行距離は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。
電気自動車は、走り方や使い方、使用環境等によって航続可能距離が大きく異なります。

90kmだとかなり遠方まで行けることがご覧いただけたかと思います。自社調べによると、軽自動車ユーザー一日あたりの走行距離は約50kmだそうです。日常使いでは十分な航続可能距離と言えるでしょう。90kmだとかなり遠方まで行けることがご覧いただけたかと思います。自社調べによると、軽自動車ユーザー一日あたりの走行距離は約50kmだそうです。日常使いでは十分な航続可能距離と言えるでしょう。

三菱自動車ってEVに強いの?

三菱自動車EVの歴史

1966
試作1号車
試作1号車 イメージ
1971
ミニカEV
ミニカEV イメージ
1991
ランサーバンEV
ランサーバンEV イメージ
1993
リベロEV
リベロEV イメージ
1998
FTO-EV
FTO-EV イメージ
2009
I-MIEV
I-MIEV イメージ
2011
ミニキャブ・ミーブ
ミニキャブ・ミーブ イメージ
2013
アウトランダー
PHEV
アウトランダーPHEV イメージ
2018
アウトランダー
PHEV
アウトランダーPHEV イメージ
2020
エクリプス クロス
PHEV
エクリプス クロスPHEV イメージ
2021
アウトランダー
PHEV
アウトランダーPHEV イメージ

EV開発の想いをまとめた動画を制作中! coming soon…!

三菱自動車のEVの歴史は遡れば1966年。世界初の技術や記録を生み出し続け、常に業界の最先端を走ってきました。三菱自動車のEVの歴史は遡れば1966年。世界初の技術や記録を生み出し続け、常に業界の最先端を走ってきました。

電気代とガソリンのコストの差はどれくらい?電気代とガソリンのコストの差はどれくらい?

eKクロス ガソリンターボと比較

月間走行距離600kmで、7年間保有した場合の車両本体代とランニングコストを合わせた費用差を比較します。■eKクロス T(2WD)車両本体価格は1,688,500円(税込)、ガソリン代は約45万円 ■eKクロス EV G(2WD)車両本体価格は2,398,000円(税込)、 電気代は約20万円さらに、CEV補助金や重量税、環境性能割の免税があります。月間走行距離600kmで、7年間保有した場合の車両本体代とランニングコストを合わせた費用差を比較します。■eKクロス T(2WD)車両本体価格は1,688,500円(税込)、ガソリン代は約45万円 ■eKクロス EV G(2WD)車両本体価格は2,398,000円(税込)、 電気代は約20万円さらに、CEV補助金や重量税、環境性能割の免税があります。

CEV補助金を入れると、7年間の保有費用はeKクロス T(2WD)よりも約15万円お得になります。自治体の補助金が加わればさらにお得になります。CEV補助金を入れると、7年間の保有費用はeKクロス T(2WD)よりも約15万円お得になります。自治体の補助金が加わればさらにお得になります。

新型eKクロス EV G(20kWh/180km)の電気代は30円/kWh、eKクロスターボ(19.2km/L)の燃料代は170円/L、
CEV補助金(令和3年度補正予算「クリーンエネルギー自動車・インフラ導入促進補助金)は55万円。2022年5月時点

TOPICS

  • eKシリーズ スペシャルサイトeKシリーズ スペシャルサイト
  • あなたに"いい軽"診断あなたに"いい軽"診断
eKクロス EV スペシャルサイトeKクロス EVがさらにお得に買える!国の補助金55万円ウルトラマイカープラン新型『eKクロス EV』オンライン発表会

車種
サイト