電気自動車/EV/PHEVラインアップ

三菱自動車の電気自動車/EV/PHEV

電気の力で、どこまでも
気持ちの良い走りを

三菱自動車の電気自動車/EV/PHEV車は、日常生活に十分な航続距離とパワフルな走りを実現するEVシステムを搭載しております。

電気自動車/EV/PHEVラインアップ

アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV
アウトランダーPHEV

どんな道も思うままに走り抜くS-AWCの走行性能に加え、電気の力でどこまでも気持ちのよい走りを実現。

PHEV
4,995,100 円(税込)~
  • PHEV
  • エコカー減税対象車
  • サポカーSワイド
全長:4710/全幅:1860/全高:1740 - 1745(mm)
乗車定員 駆動方式 燃費 航続距離
EV走行換算距離
(等価EVレンジ)
ドア ナンバー
5/7人 4WD
15.3 - 17.3
km/L
83 - 87
km
5ドア
ヒンジドア:4
ハッチバック:1
普通車
分類番号:3
ワンポイント比較

アウトランダーPHEVエクリプス クロスPHEV違い

電池容量
大きさ
乗車定員

アウトランダーPHEV
オススメの方

  • 大容量バッテリーとボディサイズを活かして、アウトドアやロングドライブを楽しみたい方。
  • 3列シート7人乗りなので、大人数で移動することがある方。

エクリプス クロスPHEV
オススメの方

  • スタイリッシュなクーペフォルムや、きびきびとした運転感覚がお好みの方。
  • マンション住まいで立体駐車場に駐車される方。
エクリプス クロスPHEV
エクリプス クロスPHEV
エクリプス クロスPHEV
エクリプス クロスPHEV

流れるような美しさのSUVフォルムと、
エンジンとモーターを組み合わせ、なめらかで力強い走りと経済性・環境性を両立。

PHEV
4,094,200 円(税込)~
  • PHEV
  • エコカー減税対象車
  • サポカーSワイド
全長:4545/全幅:1805/全高:1685(mm)
乗車定員 駆動方式 燃費 航続距離
EV走行換算距離
(等価EVレンジ)
ドア ナンバー
5人 4WD
15.7 - 16.8
km/L
57
km
5ドア
ヒンジドア:4
ハッチバック:1
普通車
分類番号:3
ekクロス EV
ekクロス EV
ekクロス EV
ekクロス EV

軽EVの滑らかで力強い走行性能に加え、
先進性と経済性で普段使いの軽自動車にEVならではの余裕と安全を。

EV
2,568,500 円(税込)~
  • EV
  • エコカー減税対象車
  • サポカーSワイド
全長:3395/全幅:1475/全高:1655 - 1670(mm)
乗車定員 駆動方式 航続距離
一充電走行距離
ドア ナンバー
4人 2WD
180
km
5ドア
ヒンジドア:4
ハッチバック:1
軽自動車
ミニキャブ EV

軽商用EVでエコでクリーンを両立。
静粛性を担保しながら、重い荷物を積んでもパワフルな走りを実現。

EV
2,431,000 円(税込)~
  • EV
  • エコカー減税対象車
全長:3395/全幅:1475/全高:1915(mm)
積載量:2シーター350kg、4シーター 350kg[200kg]
[ ]内は4名乗車時の数値です。
乗車定員 駆動方式 航続距離
一充電走行距離
ドア ナンバー
2/4人 2WD
(後輪駆動)
180
km
5ドア
ヒンジドア:2
スライド:2
ハッチバック:1
軽自動車
  • 燃料消費率は、定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進・エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
  • WLTCモード:市街地、郊外、高速道路の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的 な走行モードです。
    市街地モード:信号や渋滞等の影響を受ける比較的低速な走行を想定したモードです。
    郊外モード:信号や渋滞等の影響をあまり受けない走行を想定したモードです。
    高速道路モード:高速道路等での走行を想定したモードです。
力強く進化した加速性能と、さらに延長した航続距離

力強く進化した加速性能と、さらに延長した航続距離

前後輪をそれぞれ小型・軽量な高出力モーターで駆動し、発進時から高速の追い越しまで全域にわたってレスポンスよく力強い加速感を実現しました。さらに、駆動用バッテリーおよびガソリンタンクの大容量化によって、航続距離を延長しています。

日常生活に十分な航続距離とパワフルな走りを実現するEVシステム

日常生活に十分な航続距離とパワフルな走りを実現するEVシステム

最大トルク195N・m、航続距離180km 一充電走行距離(WLTCモード/国土交通省審査値)を実現。
さらに、バッテリーを床下の最適な位置にレイアウトすることで低重心化。安定した走りと乗り心地のよさを叶えています。

  • 一充電走行距離は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。電気自動車は、走り方や使い方、使用環境等によって航続可能距離が大きく異なります。
力強くスムーズな加速に加え、意のままの走りを実現するS-AWC(Super All Wheel Control)

力強くスムーズな加速に加え、意のままの走りを実現するS-AWC(Super All Wheel Control)

S-AWC(Super All Wheel Control)は、4輪の駆動力・制動力を最適に制御することで優れた操縦性と高い走行安定性を実現する三菱自動車独自の車両運動統合制御システムです。
ツインモーター4WDを組み合わせることで、ドライバーの意図と走行状況を読み取り、あらゆる状況で優れた走行性能をもたらします。

PHEV system

PHEV system

前後輪それぞれに独立した高出力モーターを搭載することで、モータードライブならではの驚くほどなめらかで安定した力強い走りを実現。また、大容量バッテリーの搭載により、長いEV航続距離を実現。走行状況などによってエンジンでの発電や駆動を組み合わせるため、バッテリー残量を気にせず、安心のロングドライブが楽しめます。

お店や家で手軽に充電できるから、ガソリン代がゼロ

お店や家で手軽に充電できるから、ガソリン代がゼロ※1

専用の充電ケーブルで車両とEV充電用コンセントをつなぐだけで、お店や家で手軽に充電可能。ガソリンスタンドに行く手間もなく、今までのガソリン代がゼロに。また、電力会社のプランによっては、夜間時間帯による充電で、電気代を抑えることができます※2

  1. 充電機器の購入費用・工事費用、電気代等が別途かかります。
  2. 夜間料金適用には、別途電力会社への申し込みが必要です。
Vehicle to Home(V2H)で、クルマの電気が家で使える。

Vehicle to Home(V2H)で、クルマの電気が家で使える。

「V2H」とは「Vehicle to Home」の略で、クルマに蓄えた電気を家で使う仕組みのこと。満充電の状態で一般家庭の最大約1日分、バッテリーチャージモード※1によるエンジンでの発電も組み合わせればガソリン満タンで、新型アウトランダーPHEVは最大約12日分※2の電力量が供給可能です。

  1. 積極的にエンジンで発電し、電力を駆動用バッテリー(電池)に充電するモード。満充電&ガソリン満タンの状態からバッテリーチャージモードを使用。
  2. 住宅との接続にはV2H機器が必要です。V2H機器については、販売会社スタッフまたは各V2H機器メーカーにお問い合わせください。10kWh/日として算出しています。