「あなたの安心、
未来ドライブ」
三菱e-Assist

eKクロスは、「サポカーS ワイド」対象車です*1

  • セーフティ・サポートカーS ワイド(サポカーS ワイド)は安全運転をサポートする先進技術を搭載したクルマです。高齢運転者を含めたすべてのドライバーによる交通事故の発生防止・被害軽減対策の一環として、国が推奨する新しい自動車安全コンセプトです。

  • eKクロスの先進安全装備

    • [全車標準装備*1
    • 衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]
    • 踏み間違い衝突防止アシスト
    • 車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]
    • オートマチックハイビーム[AHB]
    • *1 Safetyレスパッケージをお選びいただいた場合は、対象外となります。

クルマだけでなく、人との衝突回避または被害軽減をアシストする、衝突被害軽減ブレーキシステム[FCM]。

  • フロントカメラにより、前方車両や歩行者を検知。衝突の危険があると判断したときに、警報ブザーとインフォメーション画面表示で注意を促し、ブレーキを制御して衝突回避または衝突被害の軽減をアシストします。

    FCM = Forward Collision Mitigation system

    • 衝突被害軽減ブレーキは、前方車両に対しては自車速が約10~80km/hのときに作動します。歩行者に対しては約60km/h以上では作動しません。約10~60km/hのときに作動します。
    • 停止保持機能がないため、停止後、約2秒でブレーキは解除されます。停止を続ける場合は、ブレーキペダルを踏んでください。
    • ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

駐車場などでの操作ミスをフォローする、踏み間違い衝突防止アシスト。

  • フロントカメラおよびフロント/リヤバンパーに搭載されたソナーにより進行方向に車両や歩行者*2、壁等の障害物を検知している状況で、踏み間違いなどの操作ミスによってアクセルペダルを素早く、強く踏み込んだ場合、警報ブザーとインフォメーション画面表示とメーター表示で注意を促します。さらにエンジン出力やブレーキを制御することで過度な加速を抑え、発進をゆるやかにして衝突被害の軽減をアシストします。

    • *2 車両、歩行者検知は前進時のみとなります。
    • エンジン出力抑制は、約6秒間作動します。前進時、車両、歩行者に対しては、車速約0~25km/hの範囲で作動します。前進時、後退時とも、壁などの障害物に対しては、車速約0~15km/hの範囲で作動します。
    • エンジン出力制御に加え、ブレーキ制御が車速約2~15km/hの範囲で作動します。
    • 車速約10km/h以下で障害物に近づくと、警報ブザーとインフォメーション画面表示でお知らせします。
    • ハンドル操作やアクセル操作による回避行動を行っているときは、作動しない場合があります。

高速道路などで車線からはみ出さないようにサポート。
車線逸脱警報システム[LDW]&車線逸脱防止支援機能[LDP]。

  • 車線逸脱警報システム[LDW]は、フロントカメラにより、前方の車線位置を監視。車線を外れそうになると警報ブザーとインフォメーション画面表示で注意を促します。また、車線逸脱防止支援機能[LDP]は、車線内に戻す方向に制御力を短時間発生させて、車両を車線内に戻す操作をアシストします。

    LDW = Lane Departure Warning
    LDP = Lane Departure Prevention

    • LDW、LDPは車速約60km/h以上で作動します。
    • ターンレバーをONからOFFにした後、約2秒間はLDWの作動を停止します。
    • 狭い車線幅では、LDWの作動を一時停止させます。

ハイビームとロービームを状況に応じて切り替え。オートマチックハイビーム[AHB]。

  • 先行車や対向車、道路周辺の明るさを検知し、ハイビームとロービームを切り替えることにより、遠方視認性を高めるとともに、切り替え忘れや手動操作の煩わしさを軽減します。

    AHB = Automatic High Beam

    • 約25km/h以上で作動します。
    • 道路状況および天候状態などによっては、ご利用になれない場合があります。
    • FCM、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW、LDPは、対象物、交通(急な割り込みなど)、天候(雨・雪など)、道路状況(連続するカーブなど)などの条件によっては正常に作動しない場合があります。
    • FCMは、前方車両と歩行者に対して作動します。二輪車などは作動対象ではありませんが、状況によって作動する場合があります。
    • 踏み間違い衝突防止アシストは、車両と歩行者、障害物を制御対象としていますが、条件によってはシステムが認識できない場合があります。
    • FCM、踏み間違い衝突防止アシスト、LDW、LDPは、ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、運転操作の負担や衝突被害を軽減することを目的としています。システムの検知性能・制御性能には限界があるため、このシステムに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。