フィールドが
広がっていく。
自分に自信が
持てるように
なってきた。

鍛え上げてきた走りのテクノロジーを凝縮。だから、どんなシーンでも頼りになる。

  • 行きたい気持ちに応えるクルマであること。そのため、駆動力や制動力を制御し、さまざまな路面状況で安定した走りをもたらす技術を投入しました。

滑りやすい道での発進をサポートする、グリップコントロールを搭載。

  • 雪道やぬかるんだ路面で片側の駆動輪が空転した場合、スリップした駆動輪をブレーキ制御し、路面をグリップしている駆動輪の駆動力を確保することで発進をサポートします。

  • グリップコントロールが制御しているタイヤが目に見えるから、落ち着いて運転することができます。

    マルチインフォメーションディスプレイの「グリップコントロール表示」を選択すると、作動しているタイヤをハイライトで表示。ドライバーに制御状態を伝えます。

一般路からアイスバーンまで。路面に応じた走りを実現するフルタイム4WD(4WD)。

  • VCU(ビスカスカップリング)方式のフルタイム4WDを採用。オンデマンド方式で、通常はFF車に近い駆動力配分で走行し、滑りやすい路面になると後輪へより多くの駆動力を配分。雨や雪の日も安心して走れます。

クルマの動きを安定させてくれる、アクティブスタビリティコントロール[ASC]。

  • クルマの横滑りを抑えて車両を安定走行させる「スタビリティコントロール機能」と、滑りやすい路面での発進時に左右両輪が同時にスリップしたことを感知すると、エンジンの出力を抑えることにより、駆動力およびハンドルの操作性を向上させる「トラクションコントロール機能」が、安定した走りをサポートします。

    ASC = Active Stability Control

    • ASCは、あくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。カーブ等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。

急ブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、理想的なブレーキ力を確保するABS(EBD付)。

  • 急ブレーキ時のタイヤロックを防ぎ、車両の安定性を保ち、ハンドル操作による障害物の回避の可能性を高めます。さらにブレーキアシストがブレーキ踏力を補助、EBDが乗員や積載量に応じて後輪ブレーキの制動力を調整。状況に応じた理想的なブレーキ力を確保します。

    ABS = Anti-lock Brake System
    EBD = Electronic Brake-force Distribution
    (電子制御制動力配分装置)

    • ABSは、あくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。カーブ等の手前では十分な減速が必要であり、無理な運転までは制御できません。安全運転をお願いします。
    • 写真はカタログ用に撮影したものです。雪道など実際の走行時には、冬用タイヤを装備するなど十分注意してください。
    • 写真、イラストはイメージです。

安全という基本が
しっかりしている。
いちばん大切なことだと思う。

すべての席を守るために。6つのエアバッグを全車に標準装備。

  • 運転席&助手席SRSエアバッグに加え、SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備。安全性を高めています。

    SRS = Supplemental Restraint System(シートベルトを補助する乗員保護装置)

    • SRSエアバッグシステムは、前方向(運転席用/助手席用)または横方向(サイド/カーテン)からの、設定以上の衝撃を感知したときのみ作動します。後方向からの衝撃には作動しません。SRSエアバッグシステムは、あくまでもシートベルトを着用することを前提として開発されたシステムですので、必ずシートベルトをご着用ください。なお、チャイルドシートを助手席に後ろ向きで装着しないことなど、ご注意いただきたい項目があります。必ず取扱説明書をご覧ください。

衝突の際、胸部にかかる負担をやわらげる
フォースリミッター付の3点式ELR付シートベルトを全席に採用。

  • 全席に、ベルトに一定以上の力が加わると胸部にかかる負担を緩和するフォースリミッター機構を採用した3点式ELR付シートベルトを装備しました。フロントシートには、衝突初期の拘束性能を高めるプリテンショナー機構も採用(運転席はダブルプリテンショナー、助手席はプリテンショナー)。

    • 前面衝突時の衝撃が弱い場合、プリテンショナー機構は作動しません。

シートベルト非着用ウォーニングを、後席にも。

  • 前席だけでなく、後席にもシートベルト非着用ウォーニングを標準装備。約15km/h以上で走行中、後席の人がシートベルトを外すとマップランプ付近の警告灯とブザー音で警告。シートベルトの着用を促します。

i-SizeおよびISO FIX対応チャイルドシート固定専用バー。

  • 後席にi-SizeおよびISO FIX対応チャイルドシート固定専用バーを装備。お子様を安心して乗せられます。

衝突エネルギーを効率よく吸収するボディ構造。

  • 衝突エネルギーを吸収するフロントボディ構造と高剛性キャビン構造を組み合わせた、衝突安全強化ボディ「RISE(ライズ)」を採用。客室保全環状構造や、高張力鋼板を適材適所に使用したことにより、前面、側面、 後面衝突はもちろん、オフセット衝突でもすぐれた乗員保護性能を実現しています。

    RISE = Reinforced Impact Safety Evolution

後方からの衝突時、頸部への衝撃を低減。頸部衝撃低減フロントシート。

  • フロントシートのヘッドレスト位置およびシートバックの変形特性を適正化。後方からの車両衝突時の頸部への衝撃を低減します。

万一の際、歩行者のダメージを軽減。歩行者傷害軽減ボディ。

  • ボンネットフードなどに歩行者の頭部を保護する衝撃吸収構造を採用。バンパー内部に歩行者脚部の傷害を低減する構造を取り入れました。

スイッチ操作で作動できる、電動パーキングブレーキ。 【パッケージメーカーオプション】G、T

  • スイッチを引き上げるとパーキングブレーキが作動し、イグニッションONかつブレーキペダルを踏んでいる状態でスイッチを押すと解除できる電動パーキングブレーキを採用しました。また、ブレーキオートホールドON時には、ブレーキを踏んで停車したときにブレーキペダルから足を離しても停車状態を維持することができます。

全席パワーウインドウ。運転席は挟み込みを防ぐセーフティ機構付。

  • 挟み込みを感知すると、窓が自動的に下降・停止するセーフティ機構付パワーウインドウを運転席のドアに採用しています。

    • ガラスを確実に閉めるために、セーフティ機構は閉め切り直前では働きません。指などをはさまないようご注意ください。

視認性にすぐれたLEDヘッドライト&LEDハイマウントストップランプ。

  • エコで輝度が高いLEDタイプを採用。ヘッドライトはロービーム2灯、ハイビーム1灯のLED3灯式で、確かな視界を確保。低い位置にレイアウトすることで、対向車のドライバーが感じる眩しさも抑えています。

坂道発進での後退を防ぐヒルスタートアシスト[HSA]。

  • ブレーキペダルからアクセルペダルに踏みかえる間、ブレーキを最大2秒間キープ。坂道発進でのクルマの後退を防ぎます。

    HSA = Hill Start Assist

    • ヒルスタートアシストは、あくまでもドライバーのブレーキ操作や運転操作を補助するシステムです。道路状況にあった安全運転をお願いします。

急ブレーキを後続車に知らせるエマージェンシーストップシグナルシステム[ESS]。

  • 急ブレーキをかけたときやABSが作動したとき、ストップランプが高速点滅。追突されないよう後続車に注意を促します。

    ESS = Emergency Stop signal System

オートライトコントロール。

  • 周囲の明るさに合わせてヘッドライトを自動でON/OFF。トンネルが多い道などで便利です。

ヘッドライトオートカット。

  • 降車時にヘッドライトを消し忘れても、イグニッションOFFでドアロックするとヘッドライトが消灯します。

ドアミラー自動展開・格納機能。

  • イグニッションONでドアミラーを展開。キーレスオペレーションシステム/キーレスエントリーの施錠に連動してドアミラーを格納。

フロント可変間欠ワイパー(車速感応タイプ)。

  • ワイパースイッチを間欠モードにすると、走行スピードに応じて間欠時間を自動で調整します。

リバース連動リヤオートワイパー。

  • フロントワイパーを作動中、シフトレバーを「R(後退)」に入れるとリヤワイパーが自動的に1回作動し、後方視界をクリアにします。

イモビライザー(国土交通省認可品)。

  • 車両に登録されたキー以外では、エンジンを始動できません。不正キーによるエンジン始動を阻止し、盗難を抑制します。

    • 写真、イラストはイメージです。