• 久しぶりに、夫婦水入らずのキャンプへ。
  • 久しぶりに、
  • 夫婦水入らずのキャンプへ。
  • 自然とつながる大人のアクティブライフ。
  • 自然とつながる
  • 大人のアクティブライフ。

仕事も遊びも、本気で楽しむ大人たちには、アクティブなeKクロスシリーズがよく似合う。
海へ、山へ。心の赴くままに軽やかにアクセルを踏み込めば、新しい景色が動き出す。
eKクロスシリーズに、趣味も荷物もたっぷり詰め込んだとある休日をのぞいてみた。

eKクロス スペースに趣味と遊びを詰め込んで、大人の冒険がはじまる。

アパレル業から転職して、東京・新宿三丁目で間借りカレー店「Spice Hut」を営む小林二郎さん。趣味で始めたヨガをきっかけにスパイスの世界にどっぷりハマると、料理好きも高じて独自のスパイスカレーを追求。するとその個性的かつ刺激的な味わいにファンが続出。

若い頃からアパレルのバイヤーとして世界中を飛び回り、釣りにスノボにと、趣味も多彩な小林さん。久しぶりにゆっくり時間が取れた休日、妻のめぐみさんと連れ立って、夫婦水入らずのキャンプへ。テントに寝袋、焚き火台、クーラーボックスに釣り道具……。後部座席をアレンジすれば、2人分のキャンプ道具は広い荷室に余裕ですっぽり。2人きりの週末を彩るための道具をどんどん積み込んで、遊び上手な大人の休日がはじまる。

目的地を設定して、遊びへと出発。

オリジナル9型ナビゲーションで、操作もラクラク。
「画面が大きいから、とにかく見やすい。大自然は得意だけど、細かい文字はどうもね(苦笑)。僕ら世代には嬉しいオプションですね」と、出発前の運転席から安心の様子。この日の目的地、富士湖畔の西湖をマッピングして、いざ出発。

※オリジナル9型ナビゲーション、9型ナビ用センターフードはディーラーオプション

快適なドライブに、胸が高鳴る。

住宅街を抜け車が高速道路へ入ると、マイパイロット(MI-PILOT) が早速本領を発揮。
「噂のマイパイロット を初めて体験しましたが、車速のコントロールはもちろん、車間距離のキープ力にも驚きました。最初は緊張して減速するときにブレーキペダルを踏みたくなってしまったが、慣れてくればブレーキペダルに足をそっと添えるだけで車が自動的に加速・減速してくれる。要は、車との信頼関係なんですね。信頼すれば、車が応えてくれる。これはもはや未来の機能ですね」
初めてのeKクロス スペースに、小林さんも大満足。車は順調に高速道路をひた走る。

※G、Tにパッケージメーカーオプション

道の駅に立ち寄り、季節の食材を買い出し。

キャンプ場へ向かう途中、休憩を兼ねて道の駅に立ち寄る。地元で獲れる季節の食材を調理するのもキャンプ料理の楽しみのひとつとあり、物産コーナーへ直行。
「この野菜、初めて見るね」「スパイスで炒めたら美味しそう」と、見慣れぬ地元野菜を前に夫婦の会話も弾む。

野菜や薪など、両手いっぱいの荷物を買い込んで駐車場へ戻る。こんなとき嬉しいのが、ハンズフリーオートスライドドア。両手がふさがっているとき、後部座席のドアの下に足先を入れてサッと引くだけで、ドアロックを解除して自動で開く。「これまた未来の機能ですね」と、小林さん。eKクロス スペースとの信頼関係は着々と深まっている様子。

※助手席側ハンズフリーオートスライドドアはG、Tに標準装備、運転席側ハンズフリーオートスライドドアはG、Tにパッケージメーカーオプション

山の天気は変わりやすい。ただ、そんなときも備えは完璧。

駐車場を出る直前、突然の雨。デジタルルームミラーで後方を確認し、安全に発進。
「これまでだったら、ガラスの雨垂れで後ろが見づらかったけど、このミラーなら、雨でも視界良好で安心。視野が広がって、普段以上に楽々と運転できますね」
後部座席に荷物を載せて、キャンプ場へ向けて再びアクセルを踏み出す。

※G、Tにパッケージメーカーオプション

新緑のトンネルを抜けて、爽快なドライブを楽しむ。

道の駅を出発すると、景色はすっかり新緑の森の中。
「空気がすごく気持ちいいね!」と、助手席に座るめぐみさんの笑顔もいつにも増して輝いて、小林さんのハンドルさばきもいつもより軽やか。
「初速の加速感も快適で、昔の軽自動車のイメージを払拭してくれる走り心地ですね。これが“三菱自動車らしさ”なのか。僕が車に一番求めるのは安定性なんですよ。バイヤー時代、ボロボロのレンタカーでアメリカを走り回っていたときは、不安定な走り心地と緊張でものすごく疲れた記憶があるけど、このeKクロス スペースは抜群の安定感。運転席も広々していて長時間運転していても全然疲れませんね」

湖脇のキャンプ場に到着。2人きりの週末がはじまる。

2時間ほどのドライブを経て、キャンプ場に到着。広い荷室のため荷下ろしも簡単で、てきぱきと安定のコンビネーションでテントや焚き火台を次々に夫婦で設営していく。
仕上げに車と接続してタープを張り、湖畔のリビングが完成。火を起こしたら、まずはコーヒーブレイク。
「最近はバンガローばっかりだったけど、こうして体を動かしてテントを張るのも、やっぱりいいもんだ」と、キラキラと光る湖畔を眺めながら、ゆったりと流れる夫婦水入らずのひとときを楽しむ2人。

※記事上の演出です、許可された場所で撮影しています

時間を忘れて、しばし釣りに没頭。

一息ついたところで、小林さんの釣りタイムがスタート。静かな湖畔に毛針を投げ入れ、風を感じ、釣り糸を垂らし、時間と戯れる。何を思うでもないこのひとときが、至福なのだ。

ラゲッジルームが樹脂製なので、ウェダーや釣り竿など濡れたままの釣り道具を気にせずポンポン載せられるのはすごく助かる。後部座席のスライド量(約320mm)が大きくてシートアレンジが自在なので、大きなクーラーボックスを持ってきても出し入れが簡単。もはや軽自動車であることを忘れるくらい」

※樹脂ラゲッジボード&PVC後席シートバックはG、Tにパッケージメーカーオプション

キャンプのディナーは夫が腕を振るう。

  • 非日常のキャンプ場で、
    腕を振るうのは夫の役目。

  • 焚き火台は男の聖域と
    言わんばかりに、
    腕によりをかける小林さん。

香ばしい薪の煙に刺激的なスパイスの香りが混ざり合い、否応無しに胃袋を刺激する。
「今日のディナーは、昨夜から仕込んで来たラムチョップのニハリ風、ナスとトマトのカレー、そしてさっき道の駅で購入した冬菜ときくらげのクミン炒め富士湖畔風です。同じく道の駅で見つけた発芽ニンニクが芳しく、いい感じに仕上がりました」

青空キッチンで、いつもより楽しそうにイキイキ料理をする夫の姿を、終始にこやかに見守るめぐみさん。湖畔でゆったりまどろむ間に、あっという間に豪華なスパイス料理がテーブルに並んだ。

大自然を前に、焚き火を囲み夫婦で語り合う。

すっかり日も暮れて、お腹も心も満たされた食後のティータイム。静寂に包まれた湖畔で、パチパチとはぜる焚き火を囲みながら、静かな夜がはじまる。
「コンパクトな軽自動車が、2人キャンプにこんなにぴったりのサイズだったとは思いませんでした。最近、カレーの仕込みで忙しく、2人でゆっくり過ごせる週末が減っていたので、今日はすごくリフレッシュできました。eKクロス スペースのおかげで、キャンプも遠出も、より身近に感じられたので、これからはもっと2人で出かける時間が増えそうです」

久しぶりに夫婦揃っての遠出に時間を忘れて会話も弾む。「次の休みはどこへ行こう?」と、早くも次のプランに思いを巡らせながら、夜の帳はゆっくりと更けていく。

ゆっくり過ごした湖畔の余韻を感じながら、安全運転で日常へ。

都会の喧騒を離れ、自然の中で思い切り英気を養った2人。いつもより爽やかな朝を迎えて、帰り仕度も順調。一晩ともに過ごし、勝手知ったるeKクロス スペース。後部座席を前に倒して荷室を広くし、パッキングした荷物を再び車内に積み込むと、湖畔が名残惜しくも帰路につく。
「この週末ですっかりeKクロス スペースとも良い関係が築けましたね(笑)。来たとき以上に信頼感があるので、帰りの長時間ドライブも快適に運転できました。車は移動手段である以上に、心の赴くままに非日常へ連れて行ってくれる最高の相棒でもあります。運転の喜び、外へ繰り出す楽しさを久々に思い出しました。軽自動車なのにこれだけ頼りになるなら次の乗り換えはeKクロス スペースもありだな」

※高速道路 同一車線運転支援機能 マイパイロット(MI-PILOT)について

  • マイパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。マイパイロットはドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、自動運転システムではありません。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。
  • わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ステアリングを操作するなどして、常に安全運転を心がけてください。
  • システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
  • マイパイロットの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。

Profile

Jiro Kobayashi

小林 二郎

カレー屋店主

アパレル業に長く携わり、現在は東京・新宿三丁目で間借りカレー店「Spice Hut」を営む。独創的かつクセになる味にファン続出。

アパレル業に長く携わり、現在は東京・新宿三丁目で間借りカレー店「Spice Hut」を営む。独創的かつクセになる味にファン続出。

数秒後に車種情報ページへ
遷移します